副じん皮質刺激ホルモン(読み)フクジンヒシツシゲキホルモン

化学辞典 第2版「副じん皮質刺激ホルモン」の解説

副じん皮質刺激ホルモン
フクジンヒシツシゲキホルモン
adrenocorticotropic hormone

略称ACTHコルチコトロピンともいう.下垂体前葉ホルモンの一つ.ACTHは副腎皮質に作用して副じん皮質ホルモンの生成,分泌を促進することによりストレスを和らげる.生合成の際の前駆物質は,ストレスに対処するためのほかのホルモン(エンドルフィンメラノトロピン(MSH))も含んでおり,POMC(proopiomelanocortin,図)とよばれている.種々の動物の下垂体から抽出,精製されており,いずれもアミノ酸39個からなるポリペプチドである.種差により一部のアミノ酸配列は異なっているが,構造はよく似ている.配列の異なる部分は25~32番目のアミノ酸部分である.生物活性が発揮されるためには全部が必要でなく,N末端部から20~24番目のアミノ酸配列でよいとされている.ヒトおよびブタのACTHは,1972年,B. Rinikerらによりアミノ酸配列が訂正され,ヒトのACTHのアミノ酸配列は,次のとおりである.
SYSMEHFRWGKPVGKKRRPVKVYPNGAEDESAEAFPLEF(一文字表記はアミノ酸の項を参照).
ACTHは副腎に作用し,糖質コルチコイドの分泌を促進することにより間接的に糖代謝を調節するとともに,副腎以外の組織にも作用し,脂質代謝や糖代謝の制御を行っている.一部で,MSHと同一アミノ酸配列をもつためにMSH作用をもっている(図).さらにコルチコイドの分泌促進作用による抗炎症作用もみられている.種差共通のN末端部1~24番目のアミノ酸ACTHの合成品は化学的に純粋であり,アレルギー,アナフィラキシーなどの副作用がないので,副腎皮質機能検査,副腎皮質ステロイド剤の減量離脱などに用いられている.[CAS 9002-60-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android