コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加曽利貝塚 カソリカイヅカ

3件 の用語解説(加曽利貝塚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かそり‐かいづか〔‐かひづか〕【加曽利貝塚】

千葉市にある縄文時代中・後期の大貝塚。北(径約130メートル)・南(径約170メートル)の二つの環状貝塚からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

かそりかいづか【加曽利貝塚】


千葉県千葉市若葉区桜木の坂月川右岸にある縄文時代の貝塚遺跡。全国に2000余りある縄文時代の貝塚の中では最大で、世界的にも最大規模の貝塚とされる。南北2つの貝塚からなり、標式遺跡として知られる。加曽利北貝塚は縄文中期(約5000~4000年前)のもので、初期の小規模貝塚の上に1000年かけて直径130mもの貝塚が造られた。加曽利南貝塚は縄文後期(約4000~3000年前)のもので、約1000年かけて長径約170mの馬蹄(ばてい)形の貝塚が造られ、2つの貝塚が8の字に連結している。貝塚からはアサリやハマグリ、カキ、イボキサゴなどの貝やクロダイやスズキなどの魚骨、クリやクルミ、クヌギなどの木の実、イノシシやシカの骨や角でつくられた釣り針などが出土し、外縁には竪穴(たてあな)式住居跡がみられる。1971年(昭和46)に北貝塚が国史跡に指定され、1977年(昭和52)に南貝塚が追加され、1986年(昭和61)に追加指定が行われた。付近は加曽利貝塚公園として整備され、加曽利貝塚博物館には、発掘された縄文土器・石器・動物や魚骨・人骨などが展示され、縄文時代のムラの生活の様子がわかりやすく解説されている。千葉都市モノレール桜木駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加曽利貝塚
かそりかいづか

千葉市若葉区桜木町(旧字(あざ)加曽利)に所在する縄文時代前期から晩期の集落遺跡。都川支流の古山川の谷に臨む洪積台地上に長径160メートルの北貝塚と、長径185メートルの南貝塚が接し、全長345メートルに達する「8」字形の珍しい形状の大貝塚として知られている。1924年(大正13)の東京帝国大学人類学教室によるB、E地点の層位的発掘により、中期の加曽利E式土器、後期の加曽利B式土器が提唱され、名実ともに日本の代表的貝塚となった。北貝塚は中期の貝層が、南貝塚は後期の貝層が発達しており、大量の貝殻投棄の場を北から南へ移動している。しかし、中期の住居址(し)は、北貝塚のみならず、南貝塚やその南東方にも散在し、他方、後期の住居址は、南貝塚のみならず、その東方や北貝塚にも散在し、広い展開をみせている。しかも、南貝塚南東方の中期住居群では、約半数が覆土に貝層を伴っていた。この小貝塚と大貝塚の併存は、馬蹄形(ばていけい)貝塚の特異な性格を物語り、干し貝加工場という説を生む。早期末の炉穴4基、また前期2、中期73、後期34、晩期1の合計110軒の住居址、中期14、後期35、晩期4の合計53体の人骨、家犬6頭の骨が発見されている。1971年(昭和46)に北貝塚、77年に南貝塚が国の史跡に指定された。[堀越正行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加曽利貝塚の関連キーワード千葉県千葉市若葉区大宮町千葉県千葉市若葉区小倉台千葉県千葉市若葉区坂月町千葉県千葉市若葉区桜木千葉県千葉市若葉区桜木北千葉県千葉市若葉区都賀千葉県千葉市若葉区中野町千葉県千葉市若葉区野呂町千葉県千葉市若葉区原町千葉県千葉市若葉区みつわ台

加曽利貝塚の関連情報