コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀節 カガブシ

3件 の用語解説(加賀節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かが‐ぶし【加賀節】

室町時代に流行した小歌。加賀国から出た遊女(加賀女(かがめ))が都で歌いはやらせたものという。
嘉太夫節(かだゆうぶし)」に同じ。
万治・寛文(1658~1673)のころ、江戸で歌舞伎役者多門庄左衛門などが歌いはじめた俗曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがぶし【加賀節】

(1)室町時代の小歌。詞章不明。武士のあいだに流行。(2)寛文年間(1661‐73)に流行した小歌。詞章は《松の葉》《若緑》の書物に見られる。〈勤めものうき一筋ならば とくも消えなん露の身の 日かげ忍ぶの夜々ひとに 逢ふを勤めの命かな〉などというように遊女との逢瀬や別れの心情を主題としたもので,当時の歌舞伎俳優たちが歌ったもの。(3)宇治加賀掾の曲節。宇治嘉太夫は1677年(延宝5)に受領して加賀掾となったので,嘉太夫節を加賀節といっていたことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがぶし【加賀節】

室町時代の小歌。加賀国の民謡から起こったといわれる。
寛文(1661~1673)から元禄(1688~1704)の頃流行したはやり唄。
嘉太夫節かだゆうぶし 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀節の関連キーワード小歌運歩色葉集掛素襖小名詞章大小は武士の魂武士の道歌い物意雲小歌(小唄)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone