コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀節 カガブシ

デジタル大辞泉の解説

かが‐ぶし【加賀節】

室町時代に流行した小歌。加賀国から出た遊女加賀女(かがめ))が都で歌いはやらせたものという。
嘉太夫節(かだゆうぶし)」に同じ。
万治・寛文(1658~1673)のころ、江戸で歌舞伎役者多門庄左衛門などが歌いはじめた俗曲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かがぶし【加賀節】

(1)室町時代小歌詞章不明。武士のあいだに流行。(2)寛文年間(1661‐73)に流行した小歌。詞章は《松の葉》《若緑》の書物に見られる。〈勤めものうき一筋ならば とくも消えなん露の身の 日かげ忍ぶの夜々ひとに 逢ふを勤めの命かな〉などというように遊女との逢瀬や別れの心情を主題としたもので,当時の歌舞伎俳優たちが歌ったもの。(3)宇治加賀掾曲節宇治嘉太夫は1677年(延宝5)に受領して加賀掾となったので,嘉太夫節を加賀節といっていたことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かがぶし【加賀節】

室町時代の小歌。加賀国の民謡から起こったといわれる。
寛文(1661~1673)から元禄(1688~1704)の頃流行したはやり唄。
嘉太夫節かだゆうぶし」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

加賀節の関連キーワード出来島小ざらし(初代)多門庄左衛門(初代)山川彦左衛門人形浄瑠璃はやり唄京浄瑠璃節談説教浄瑠璃万治