助かる(読み)タスカル

デジタル大辞泉の解説

たすか・る【助かる】

[動ラ五(四)]
死や危険な状態から免れる。「このけがでは―・るまい」「奇跡的に―・る」
被害・災害などにあわなくてすむ。「物置が焼けただけで母屋は―・った」
労力・費用・負担などが少なくてすむ。楽である。「手伝ってくれるので―・る」「物価が安くて―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たすかる【助かる】

危険・困難・死や被害・災難などを免れる。 あやうい所を-・る 事故に遭ったが幸い命は-・った 後生ヲ-・ル/日葡
労力・負担・苦痛・費用などが少しですむ。楽になる。 罰金を払わないですんで-・った 相手の助力によって自分の負担などが少しですむことから、その相手に対する感謝の気持ちを表すこともある。君が手伝ってくれて、本当に-・った

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助かるの関連情報