コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労する ロウスル

デジタル大辞泉の解説

ろう・する〔ラウする〕【労する】

[動サ変][文]らう・す[サ変]
苦労して働く。骨を折る。「―・せずして手に入れる」
骨を折らせる。働かせる。「心を―・する」
ねぎらう。なぐさめる。「骨折りを―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうする【労する】

( 動サ変 ) [文] サ変 らう・す
はたらく。ほねおる。苦労する。 「 - ・せずして一点とる」 「執筆に-・して机上に居眠りながら/福翁百話 諭吉
はたらかせる。疲れさせる。 「心身を-・する仕事」
[句項目] 労して功なし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

労するの関連キーワードWEEKEND SHUFFLE ホウトンの疲労の法則就労継続支援B型膝頭で江戸へ行く就労継続支援A型雨に沐い風に櫛る就労可能年数外国人労働者志士苦心多し派遣労働者世話を病む季節労働者山背大兄王小骨を折る骨身を削る技能実習生疲労の法則櫛風沐雨恋の重荷食兼ねる