心を砕く(読み)こころをくだく

精選版 日本国語大辞典「心を砕く」の解説

こころ【心】 を 砕(くだ)

をもむ。心配する。
※後撰(951‐953頃)覉旅・一三六四「草枕紅葉むしろにかへたらば心をくだく物ならましや〈宇多天皇〉」
※太平記(14C後)三「如何なる憂目をか見んずらんと、事に触て身を危み、心を砕(クダ)けば」
気を配る苦心する。真心を尽くす。
※仏道の記(1266‐69頃)「かへりて仏の御心にも背けば、わざと身を捨てて、心をくだきて、これを営む」
※東は東(1933)〈岩田豊雄〉「かほど心を砕いて款待(もてな)すに。まだ女房が恋しいと云ふか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心を砕く」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android