コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働保険 ろうどうほけん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

労働保険

労働者災害補償保険(一般に「労災保険」)」と「雇用保険」とを総称した呼称保険給付は両保険制度で別個に行われているが、保険料納付等については、両保険は「労働保険」として、原則的に一体のものとして取り扱われている。労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を1人でも雇っていれば適用対象事業となり、その事業主は成立手続を行ない、労働保険料を納付しなければならない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

人事労務用語辞典の解説

労働保険

労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険の2つの保険をまとめた総称。前者は業務中や通勤途上の災害によるケガや病気に対する補償を、後者は失業した場合の給付などを行う制度です。
(2005/9/16掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

農林水産関係用語集の解説

労働保険

「労働者災害補償保険」(労災保険)と「雇用保険」の総称。(⇔社会保険
個人・法人にかかわらず、原則として従業員を1人でも雇い入れたときは、強制適用事業所となり、事業主は労働基準監督署ハローワークに届出なければならない。
ただし、農業において従業員を雇用する場合の適用は、
[1] 個人経営は雇用5人未満の場合は任意適用事業所
[2] 法人経営は1人以上雇用すれば強制適用事業所
となる。
労災保険の保険料は全額事業主が、雇用保険の保険料は事業主と被保険者(従業員)で負担する。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

労働保険

国による社会保険の1つで、雇用保険と労災保険(労働者災害補償保険)を合わせた呼び方。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働保険
ろうどうほけん

社会保険はその対象に応じて被用者のための被用者保険 (健康保険,厚生年金保険,労働者災害補償保険,雇用保険) と一般住民のための地域・住民保険 (国民健康保険,国民年金) に大別しうるが,被用者保険のうち,特に厚生労働省の管轄する労災保険と雇用保険の両者を総称して労働保険という (労働保険の保険料の徴収等に関する法律2条1項) 。労働保険の適用により,労働保険の保険関係が成立すると,同法に基づいて労災保険の保険料と,雇用保険の保険料は労働保険料として一括して徴収されることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

労働保険の関連キーワード労働者災害補償保険審査官労働保険適用促進月間社会保険特別会計社会保険審査制度労働保険特別会計都道府県労働局社会保障番号ブレンターノ事業特別会計社会保障基金桑田 熊蔵労災保険料雇用保険法メリット制社会保険料雇用保険料労働災害特別会計石上卓也公営保険

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働保険の関連情報