コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学探鉱 かがくたんこう

百科事典マイペディアの解説

化学探鉱【かがくたんこう】

地球化学探鉱とも。地表付近のガス,水,土石などを分析して,地下の鉱床に由来する微量成分を定量,その分布状態から鉱床の存在や既知鉱脈の延長方向を推定する探鉱法。金属,石油,天然ガスに応用。近年はその応用として地質汚染調査,活断層調査に利用され,地化学探査と呼ばれている。
→関連項目探鉱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android