コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若乃花幹士 わかのはなかんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若乃花幹士
わかのはなかんじ

[生]1928.3.16. 青森,弘前
[没]2010.9.1. 東京,新宿
第45代横綱。本名花田勝治。1946年11月に初土俵を踏み,1950年1月に新入幕。軽量ながら強靭な足腰でがっぷりと組むとびくともしなかった。正攻法の四つ相撲を通し,左四つの右上手投げ,右四つの豪快な呼び戻しはファンを熱狂させ,「土俵の鬼」の異名をとった。1958年1月場所後に横綱に昇進,ライバルの横綱栃錦(→栃錦清隆)とともに「栃若時代」を築いた。1962年5月引退,優勝 10回のうち全勝 1回。花籠部屋から独立して二子山部屋を創設し,2代目若乃花,隆の里の 2横綱,実弟の貴ノ花,若嶋津の 2大関ら多くの関取を育てた。貴ノ花の息子である 3代目若乃花,貴乃花の兄弟横綱の伯父。1988年春日野清隆理事長の勇退をうけて日本相撲協会理事長に就任,1992年に勇退して相談役となる。1993年二子山部屋と藤島部屋とを合併し,年寄名も兄弟で交換した。1993年3月に相撲協会を定年退職したのち相撲博物館館長に就任,1996年まで務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わかのはな‐かんじ【若乃花幹士】

力士。
(初代)[1928~2010]第45代横綱。青森県出身。本名、花田勝治。呼び戻しを得意とし、好敵手栃錦(とちにしき)と「栃若時代」を築いた。優勝10回。引退後、年寄二子山。日本相撲協会理事長、相撲博物館館長も務めた。→第44代横綱栃錦 →第46代横綱朝潮
(2代)[1953~ ]第56代横綱。青森県出身。本名、下山勝則。昭和53年(1978)横綱昇進を機に若三杉から2代目若乃花幹士にしこ名を改めた。優勝4回。引退後、年寄間垣。→第55代横綱北の湖 →第57代横綱三重ノ海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

若乃花幹士【わかのはなかんじ】

力士。本名花田勝治。青森県生れ。二所ノ関部屋,花籠部屋所属。1946年初土俵,1950年入幕,1958年第45代横綱。優勝10回。栃錦(栃錦清隆)とともに〈栃若時代〉を築き,軽量ながら強靭(きょうじん)な足腰と気迫にあふれる相撲で〈土俵の鬼〉と称された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若乃花幹士
わかのはなかんじ
(1928―2010)

第45代横綱。昭和3年3月16日青森県弘前(ひろさき)市に生まれる。本名花田勝治。小学1年生のとき生家が破産し、一家は北海道室蘭(むろらん)市に移住した。少年のころから港湾労働に従事し、生計を助けた。1946年(昭和21)大ノ海(後の花籠(はなかご))にみいだされて二所ノ関部屋に入門、1950年に入幕した。のち花籠部屋に転じ、1958年1月に横綱免許を得た。全盛期は177センチメートル、116キログラムと増量したが、横綱としては歴代中もっとも軽量であった。好敵手栃錦(とちにしき)と多彩な土俵をみせ、「栃若時代」を築き、人気を集めた。優勝回数10回(全勝1回)、入幕後546勝235敗4引分けの記録を残した。1962年引退して二子山(ふたごやま)部屋(現貴乃花部屋)を創立。二子山親方(元大関貴ノ花(たかのはな)・実弟)、間垣(まがき)親方(元横綱2代目若乃花)、鳴戸(なると)親方(元横綱隆の里)、松ヶ根(まつがね)親方(元大関若島津)らを育てた。1988~1992年(平成4)日本相撲協会理事長。[向坂松彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

若乃花幹士の関連キーワード若乃花幹士(2代)貴乃花光司貴ノ花利彰若乃花勝上手投げ四つ相撲右四つ新入幕左四つ