コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若乃花幹士 わかのはなかんじ

4件 の用語解説(若乃花幹士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若乃花幹士
わかのはなかんじ

[生]1928.3.16. 青森,弘前
[没]2010.9.1. 東京,新宿
第45代横綱。本名花田勝治。1946年11月に初土俵を踏み,1950年1月に新入幕。軽量ながら強靭な足腰でがっぷりと組むとびくともしなかった。正攻法四つ相撲を通し,左四つの右上手投げ,右四つの豪快な呼び戻しはファンを熱狂させ,「土俵の鬼」の異名をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わかのはな‐かんじ【若乃花幹士】

力士。
(初代)[1928~2010]第45代横綱。青森県出身。本名、花田勝治。呼び戻しを得意とし、好敵手栃錦(とちにしき)と「栃若時代」を築いた。優勝10回。引退後、年寄二子山。日本相撲協会理事長、相撲博物館館長も務めた。→第44代横綱栃錦 →第46代横綱朝潮
(2代)[1953~ ]第56代横綱。青森県出身。本名、下山勝則。昭和53年(1978)横綱昇進を機に若三杉から2代目若乃花幹士しこ名を改めた。優勝4回。引退後、年寄間垣。→第55代横綱北の湖 →第57代横綱三重ノ海

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

若乃花幹士【わかのはなかんじ】

力士。本名花田勝治。青森県生れ。二所ノ関部屋,花籠部屋所属。1946年初土俵,1950年入幕,1958年第45代横綱。優勝10回。栃錦(栃錦清隆)とともに〈栃若時代〉を築き,軽量ながら強靭(きょうじん)な足腰と気迫にあふれる相撲で〈土俵の鬼〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若乃花幹士
わかのはなかんじ
(1928―2010)

第45代横綱。昭和3年3月16日青森県弘前(ひろさき)市に生まれる。本名花田勝治。小学1年生のとき生家が破産し、一家は北海道室蘭(むろらん)市に移住した。少年のころから港湾労働に従事し、生計を助けた。1946年(昭和21)大ノ海(後の花籠(はなかご))にみいだされて二所ノ関部屋に入門、1950年に入幕した。のち花籠部屋に転じ、1958年1月に横綱免許を得た。全盛期は177センチメートル、116キログラムと増量したが、横綱としては歴代中もっとも軽量であった。好敵手栃錦(とちにしき)と多彩な土俵をみせ、「栃若時代」を築き、人気を集めた。優勝回数10回(全勝1回)、入幕後546勝235敗4引分けの記録を残した。1962年引退して二子山(ふたごやま)部屋(現貴乃花部屋)を創立。二子山親方(元大関貴ノ花(たかのはな)・実弟)、間垣(まがき)親方(元横綱2代目若乃花)、鳴戸(なると)親方(元横綱隆の里)、松ヶ根(まつがね)親方(元大関若島津)らを育てた。1988~1992年(平成4)日本相撲協会理事長。[向坂松彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若乃花幹士の関連キーワード出世力士初代力人・力士・健児役力士力士立ち綾川五郎次西ノ海嘉治郎控力士あんま力士会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若乃花幹士の関連情報