コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川辺 きたかわべ

2件 の用語解説(北川辺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北川辺
きたかわべ

埼玉県北東部,加須市北部の旧町域。利根川渡良瀬川に挟まれた地域で,群馬県,栃木県,茨城県に接する。1955年川辺村と利島村が合体して北川辺村となり,1971年町制。2010年加須市,騎西町,大利根町の 1市 2町と合体して加須市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北川辺
きたかわべ

埼玉県北東端、北埼玉郡にあった旧町名(北川辺町(まち))。現在は加須(かぞ)市の北部を占める地域。1971年(昭和46)町制施行。2010年(平成22)、騎西(きさい)町、大利根(おおとね)町とともに加須市に合併。旧町域の東端から北端にかけて、東武鉄道日光線が走り、国道354号が通じる。利根(とね)川、渡良瀬(わたらせ)川に挟まれた沖積低地に位置しており、自然堤防と後背湿地とからなる。江戸初期までは埼玉県本体と陸続きであったが、利根川の瀬替え(1621)によって孤立化し、たび重なる水害に悩まされてきた。1972年大利根町(現在、加須市)佐波(ざわ)との間に埼玉大橋が完成して、孤島化の名前も返上した。コシヒカリを中心とした米作のほか、トマト、イチゴなどの施設園芸が盛ん。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川辺の関連キーワード大利根〈町〉埼玉県加須市埼玉県加須市北大くわ埼玉県加須市北小浜埼玉県加須市北篠崎埼玉県加須市北辻埼玉県加須市北平野埼玉県加須市佐波埼玉県加須市新利根埼玉県加須市外野

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北川辺の関連情報