コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北橘 きたたちばな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北橘
きたたちばな

群馬県中部,渋川市南東部の旧村域。地元では「ほっきつ」ともいう。赤城山南西麓から利根川東岸にある。 1889年村制施行。 2006年渋川市,伊香保町,小野上村,子持村,赤城村と合体して渋川市となった。酪農,養鶏,野菜栽培と養蚕が行なわれ,稚蚕共同飼育所による養蚕の共同化が実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北橘
きたたちばな

群馬県中東部、勢多(せた)郡にあった旧村名(北橘村(むら))。現在は渋川(しぶかわ)市の南東部を占める地域。旧北橘村は2006年(平成18)渋川市に合併。国道17号と353号が通じる。農業地帯で、通称「ほっきつむら」といわれ、現在は地名に「渋川市北橘町(ほっきつまち)」を冠する。赤城(あかぎ)山の南西斜面で、西は利根(とね)川に、南端は前橋市に接する。放射谷の水田のほか、畑地が卓越する。かつては養蚕が中心であったが、最近では畜産が盛んで、ネギ、ホウレンソウなどの野菜のほか、シイタケなどを産する。木曽三社(きそさんしゃ)神社、佐久(さく)発電所がある。[村木定雄]
『『北橘村郷土誌』(1960・北橘村) ▽『北橘村誌』(1975・北橘村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北橘の関連キーワード群馬県埋蔵文化財調査センター・発掘情報館群馬県渋川市北橘町真壁北橘歴史資料館群馬県渋川市渋川(市)関東の華

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北橘の関連情報