コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野上(読み)おのがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野上
おのがみ

群馬県中部,渋川市北西部の旧村域。小野子山 (1208m) の南斜面から吾妻川下流左岸を占める。 1889年村制施行。 2006年渋川市,伊香保町,子持村,赤城村,北橘村と合体して渋川市となった。畑作がおもで,コンニャクイモシイタケ,ワサビなどが栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野上
おのがみ

群馬県中部、北群馬郡にあった旧村名(小野上村(むら))。現在は渋川(しぶかわ)市の北西部を占める地域。2006年(平成18)渋川市に合併。旧村域は小野子(おのこ)火山(1208メートル)の南麓(なんろく)で、吾妻(あがつま)川の北に立地し、いわゆる日向(ひなた)通りの農村。コンニャクイモ、シイタケ、マイタケの栽培、安山岩の石材採取が行われる。東を旧三国(みくに)街道が通じ、JR吾妻線と国道353号が走って市街へ通じる。小野上温泉センター(塩川温泉)があり、また、吾妻川に面して奇勝岩井堂がある。小野上温泉駅から岩井堂、十二ヶ岳、小野子火山などへのハイキングコースがある。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android