コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹巣盆地 たかのすぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷹巣盆地
たかのすぼんち

秋田県北部,米代川中流部に位置する盆地。周囲を白神山地太平山地に囲まれた断層盆地で,面積約 230km2。盆地の北部は米代川,南部は阿仁川による沖積地で,米の単作地帯。南部に大野台と呼ばれる標高 50~95mの洪積台地があり,畑作中心で酪農が導入されている。盆地の中心集落は北秋田市鷹巣で,JR奥羽本線,国道7号線が通り,鷹ノ巣駅は秋田内陸縦貫鉄道の起点。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかのすぼんち【鷹巣盆地】

秋田県北部,米代川中流の盆地。奥羽山脈出羽山地の間にあり,東の大館盆地,西の能代平野には先行性の米代川の渓谷で通ずる。古鷹巣湖盆を中心とした断層盆地で,面積約70km2。盆地北部を米代川が西流し,麻生(あそう)付近で盆地西部を北西流する阿仁川を合流,両川ともそれぞれやや広い沖積平野を形成する。盆地中央部は阿仁川の河岸段丘大野台で,標高30~100mの5段の段丘地形がみられる。段丘面の多くは火山灰層に覆われて土壌は強酸性であり,加えて水利不便のため開拓は遅れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕鷹巣盆地(たかのすぼんち)


秋田県北部、米代(よねしろ)川中流域にある断層盆地。北は白神(しらかみ)山地、南は太平(たいへい)山地に囲まれる。北部を米代川が東から西に流れ、南部から支流の阿仁(あに)川が注ぐ。沖積(ちゅうせき)地の周辺に河岸段丘が発達する。周辺の山地秋田杉の産地で、木材生産と木工業が盛ん。稲作のほか段丘上では畑作・畜産・酪農が行われる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷹巣盆地
たかのすぼんち

秋田県北部、米代(よねしろ)川の中流に位置する断層盆地。面積約230平方キロメートル。周囲を出羽(でわ)山地の山々に囲まれ、盆地の西端を阿仁(あに)川が流れる。盆地床は東部で標高約30メートル、西部では19メートルである。米代川と阿仁川沿いは沖積低地と河岸段丘からなる。河岸段丘面の多くは十和田火山の噴出物である軽石質火山灰層によって覆われている。盆地の南部には大野台とよばれる洪積台地がある。灌漑(かんがい)用水の不足と酸性土壌のため、長年草地、林地であったが、1937年(昭和12)以来県営開墾が行われ集落も発生し、第二次世界大戦後は入植村が建設された。また県立大野台高等農業学園(1978年県立営農大学校になるが、1997年廃止)も設置され、中堅農民の育成に努力した。盆地の中心は北秋田市鷹巣周辺。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鷹巣盆地の関連キーワード秋田県北秋田市北秋田(市)鷹巣〈町〉合川〈町〉鷹巣[町]森吉〈町〉藤里町白神田代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android