コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北谷町 ちゃたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北谷〔町〕
ちゃたん

沖縄県沖縄島中部の西海岸にある町。1980年町制。町名近世間切(まぎり。行政区画)名による。1945年4月アメリカ軍が最初に沖縄島に上陸した地。町域の約 6割がアメリカ軍用地として接収され,耕地は少なく,市街地は東の狭い崖上の台地崖下の傾斜面にある。東シナ海に面した西部に,沖縄島の人口増加,経済発展に伴い急増した水需要を補うための海水淡水化施設が 1997年に完成,稼働した。基地経済への依存度が高い。国道58号線が南北に通る。面積 13.93km2。人口 2万8308(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

北谷町の関連キーワード沖縄県中頭郡北谷町下勢頭沖縄県中頭郡北谷町上勢頭沖縄県中頭郡北谷町砂辺沖縄県中頭郡北谷町北前沖縄県中頭郡北谷町玉上沖縄県中頭郡北谷町桑江沖縄県中頭郡北谷町北谷沖縄県中頭郡北谷町宮城沖縄県中頭郡北谷町吉原沖縄県中頭郡北谷町美浜沖縄県中頭郡北谷町浜川沖縄県中頭郡北谷町大村沖縄県中頭郡北谷町桃原沖縄県中頭郡北谷町伊平沖縄県中頭郡北谷町港カツヤマケンリュウ米軍嘉手納基地北谷町の要覧沖縄県中頭郡喜屋武 繁雄

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北谷町の関連情報