コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸トンネル ほくりくトンネル

6件 の用語解説(北陸トンネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北陸トンネル
ほくりくトンネル

福井県中部,北陸本線にある鉄道トンネル。 1957年着工,62年完成。敦賀-今庄間,延長 13.87kmで完成当時の日本第1位,世界第5位。敦賀側,今庄側とほかに中間地点付近2ヵ所から竪坑,斜坑を設け掘削された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほくりく‐トンネル【北陸トンネル】

北陸本線の敦賀と南今庄との間にあるトンネル。全長13.87キロ。昭和37年(1962)完成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北陸トンネル【ほくりくトンネル】

北陸本線敦賀〜南今庄間にあるトンネル。長さ1万3870mで,開通当時は日本最長の鉄道トンネルであった。伊吹山地北端,木ノ芽峠下を通過する。同線の輸送上のネックとなっていた敦賀〜今庄間の連続急勾配(こうばい)区間を解消するため1962年完成。
→関連項目今庄[町]木ノ芽峠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほくりくトンネル【北陸トンネル】

北陸本線敦賀~南今庄間にある延長1万3870mの複線型鉄道トンネル。旧線の急こう配と急曲線を解消し,かつ複線電化する必要から計画されたもので,1957年着工,悪地質や大湧水による難航もあったが,各種の新技術をとり入れて,4年半の工期と68億円あまりの工費をかけて62年に完成した。このトンネル技術は,東海道新幹線のトンネル建設技術の基礎となった点でも意義が大きい。なお,72年11月6日,同トンネル内で発生した列車火災は,乗客の死者30人,重軽症者多数を出す惨事となり,その後の防災対策に大きな教訓を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほくりくトンネル【北陸トンネル】

北陸本線の敦賀と南今庄間にあるトンネル。長さ13.87キロメートル。1962年(昭和37)木芽峠の下を貫いて建設された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北陸トンネル
ほくりくとんねる

北陸本線敦賀(つるが)―南今庄(みなみいまじょう)間の長さ1万3870メートルの複線鉄道トンネル。1957年(昭和32)着工、1962年開通。トンネル開通前、北陸本線敦賀―今庄間は、杉津を経由する海岸線路であったが、1000分の25の急勾配(こうばい)が連続し、補助機関車を必要とするなど北陸本線の最大隘路(あいろ)区間のため、複線別線を新設し、海岸線は廃線された。北陸トンネルは、木ノ芽(きのめ)峠を貫いており、破砕帯、湧水(ゆうすい)のため工事は難渋したが、このトンネル工事で得られた技術経験が、引き続いて施工された東海道新幹線トンネル工事に大いに寄与した。このトンネルは、当時の十河(そごう)国鉄総裁により、北陸本線の近代化をもたらすものとして、北陸トンネルと命名された。
 トンネル開通後、10年目にあたる1972年11月6日、急行旅客列車きたぐに号の食堂車付近から出火し、死亡者30人、負傷者714人の列車火災が、このトンネル内で発生した。この事故を契機として、国鉄列車火災事故に対する施策の改善が強く要請されたため、学識経験者から構成される鉄道火災対策技術委員会を設置して、長大トンネルにおける列車火災対策が審議された。この成果は、食堂車、寝台車の難燃化の推進、車両内消火器の増備、トンネル内避難通路の整備など、長大鉄道トンネル火災対策に反映されている。[藤井 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北陸トンネルの言及

【トンネル】より

…明治,大正,昭和の前半にかけては,笹子トンネル(1896‐1902年,延長4.6km),清水トンネル(1922‐31年,延長9.7km),丹那トンネル(1918‐34,延長7.8km),関門トンネルなどが代表的なものとされる。第2次世界大戦後は,在来鉄道の複線化やこう配改良,新線建設などにより,北陸トンネル(1957‐61年,延長13.9km)や新清水トンネル(1963‐67年,延長13.5km)などが生まれ,また新幹線の建設は一挙に多くの長大トンネルを生み出すこととなり,1981年には世界最長の大(だい)清水トンネル(延長22.2km)が完成している。さらに1988年には本州と北海道を結ぶ青函トンネル(全長53.85kmの海底トンネルで)が開通,これに匹敵するものは英仏間のドーバー海峡トンネル(ユーロトンネル,1994年開通)以外はない。…

※「北陸トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北陸トンネルの関連キーワード七尾線北陸本線怒りの北陸本線小浜線今庄[町]敦賀[市]今庄〈町〉福井県南条郡南越前町南今庄福井県南条郡南越前町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北陸トンネルの関連情報