コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八大師 ジュウハチダイシ

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐だいし〔ジフハチ‐〕【十八大師】

朝廷から大師号を贈られた18人の高僧。天台宗の伝教(でんぎょう)(最澄)・慈覚(じかく)(円仁)・智証(ちしょう)(円珍)・慈慧(じえ)(良源)・慈摂(じしょう)(真盛)・慈眼(じげん)(天海)、真言宗の弘法(こうぼう)(空海)・道興(どうこう)(実慧)・法光(ほうこう)(真雅)・本覚(ほんがく)(益信)・理源(りげん)(聖宝)・興教(こうきょう)(覚鑁(かくばん))・月輪(がちりん)(俊芿(しゅんじょう))、浄土真宗見真(けんしん)(親鸞(しんらん))・慧灯(えとう)(蓮如(れんにょ))、曹洞宗(そうとうしゅう)の承陽(じょうよう)(道元)、浄土宗円光(えんこう)(源空)、融通念仏宗の聖応(しょうおう)(良忍)の各大師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

十八大師

朝廷から大師号を受けた高僧。▽伝教大師、慈覚大師、智証大師、慈慧大師、慈摂大師、慈眼大師、弘法大師、道興大師、法光大師、本覚大師、理源大師、興教大師、月輪大師、見真大師、慧灯大師、承陽大師、円光大師、聖応大師

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうはちだいし【十八大師】

日本で、大師号を朝廷から贈られた一八人の高僧。伝教でんぎよう(最澄)・慈覚(円仁)・智証(円珍)・慈慧(良源)・慈摂(真盛)・慈眼(天海)・弘法(空海)・道興(実慧)・法光(真雅)・本覚(益信)・理源(聖宝)・興教(覚鑁)・月輪(俊芿)・見真(親鸞)・慧灯(蓮如)・承陽(道元)・円光(源空)・聖応(良忍)の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十八大師の関連キーワード覚鑁

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android