十八大師(読み)ジュウハチダイシ

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐だいし〔ジフハチ‐〕【十八大師】

朝廷から大師号を贈られた18人の高僧。天台宗の伝教(でんぎょう)(最澄)・慈覚(じかく)(円仁)・智証(ちしょう)(円珍)・慈慧(じえ)(良源)・慈摂(じしょう)(真盛)・慈眼(じげん)(天海)、真言宗の弘法(こうぼう)(空海)・道興(どうこう)(実慧)・法光(ほうこう)(真雅)・本覚(ほんがく)(益信)・理源(りげん)(聖宝)・興教(こうきょう)(覚鑁(かくばん))・月輪(がちりん)(俊芿(しゅんじょう))、浄土真宗見真(けんしん)(親鸞(しんらん))・慧灯(えとう)(蓮如(れんにょ))、曹洞宗(そうとうしゅう)の承陽(じょうよう)(道元)、浄土宗円光(えんこう)(源空)、融通念仏宗の聖応(しょうおう)(良忍)の各大師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

十八大師

朝廷から大師号を受けた高僧。▽伝教大師、慈覚大師、智証大師、慈慧大師、慈摂大師、慈眼大師、弘法大師、道興大師、法光大師、本覚大師、理源大師、興教大師、月輪大師、見真大師、慧灯大師、承陽大師、円光大師、聖応大師

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうはちだいし【十八大師】

日本で、大師号を朝廷から贈られた一八人の高僧。伝教でんぎよう(最澄)・慈覚(円仁)・智証(円珍)・慈慧(良源)・慈摂(真盛)・慈眼(天海)・弘法(空海)・道興(実慧)・法光(真雅)・本覚(益信)・理源(聖宝)・興教(覚鑁)・月輪(俊芿)・見真(親鸞)・慧灯(蓮如)・承陽(道元)・円光(源空)・聖応(良忍)の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうはち‐だいし ジフハチ‥【十八大師】

仏語。明治時代までに日本で大師の称号を天皇から贈られた一八人の代表的な高僧。天台宗の伝教(最澄)・慈覚(円仁)・智証(円珍)・慈慧(良源)・慈摂(真盛)・慈眼(天海)、真言宗の弘法(空海)・道興(実慧)・法光(真雅)・本覚(益信)・理源(聖宝)・興教(覚鑁)・月輪(俊芿)、浄土真宗の見真(親鸞)・慧灯(蓮如)、曹洞宗の承陽(道元)、浄土宗の円光(源空)、融通念仏宗の聖応(良忍)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

十八大師の関連情報