コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八大師 ジュウハチダイシ

3件 の用語解説(十八大師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐だいし〔ジフハチ‐〕【十八大師】

朝廷から大師号を贈られた18人の高僧。天台宗の伝教(でんぎょう)(最澄)・慈覚(じかく)(円仁)・智証(ちしょう)(円珍)・慈慧(じえ)(良源)・慈摂(じしょう)(真盛)・慈眼(じげん)(天海)、真言宗の弘法(こうぼう)(空海)・道興(どうこう)(実慧)・法光(ほうこう)(真雅)・本覚(ほんがく)(益信)・理源(りげん)(聖宝)・興教(こうきょう)(覚鑁(かくばん))・月輪(がちりん)(俊芿(しゅんじょう))、浄土真宗の見真(けんしん)(親鸞(しんらん))・慧灯(えとう)(蓮如(れんにょ))、曹洞宗(そうとうしゅう)の承陽(じょうよう)(道元)、浄土宗の円光(えんこう)(源空)、融通念仏宗の聖応(しょうおう)(良忍)の各大師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうはちだいし【十八大師】

日本で、大師号を朝廷から贈られた一八人の高僧。伝教でんぎよう(最澄)・慈覚(円仁)・智証(円珍)・慈慧(良源)・慈摂(真盛)・慈眼(天海)・弘法(空海)・道興(実慧)・法光(真雅)・本覚(益信)・理源(聖宝)・興教(覚鑁)・月輪(俊芿)・見真(親鸞)・慧灯(蓮如)・承陽(道元)・円光(源空)・聖応(良忍)の称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十八大師の関連キーワード大師徽号高僧師号四大師七高僧贈官大師号勅号円仁(794―864)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone