十和田湖ヒメマス(読み)とわだこひめます

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

十和田湖ヒメマス[水産]
とわだこひめます

東北地方、青森県の地域ブランド。
1903(明治36)年、和井内貞行が北海道支笏湖のヒメマス十和田湖に放流し養殖に成功した。刺身焼物にして食べられる。近年は水質の悪化やワカサギの増加など生態系が変化したため、ヒメマスの漁獲量が減少。十和田湖のヒメマスを守るため環境改善の取り組みがなされ、漁期が限られている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android