十斎日(読み)じっさいにち

精選版 日本国語大辞典「十斎日」の解説

じっ‐さいにち【十斎日】

〘名〙 仏語。毎月斎戒をたもつことに定められた一〇日間。その日には諸天王が四天下を按行(あんこう)・視察するといわれ、それらの日に配当された仏菩薩を念ずれば、悪疾災厄(さいやく)をのがれ徳長寿を得るという。すなわち一日には定光仏(じょうこうぶつ)、八日には薬師仏、一四日には賢劫(けんごう)千仏、一五日には阿彌陀仏、一八日には地蔵菩薩、二三日には勢至菩薩、二四日には観世音菩薩、二八日には毘廬遮那仏(びるしゃなぶつ)、二九日には薬王菩薩、三〇日には釈迦牟尼仏を念じる。
※古今著聞集(1254)二「みづから阿彌陀講式を造りて、十斎日ごとに修して、薫修久しく成りにけり」

じゅう‐さいにち ジフ‥【十斎日】

〘名〙 ひと月のうち、仏教の在家信者が八斎戒をまもる日、一〇日を数えたもの。六斎日(毎月の八・一四・一五・二三・二九・三〇日)に一・一八・二四・二八日の四日を加えたもの。
※今昔(1120頃か)一九「十斉日には身心精進にして、の日々に充て十戒を持(たもち)けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十斎日」の解説

じっ‐さいにち【十斎日】

1か月のうち、諸天王が四天下を巡察するという10日間。この日に配当された仏名を念ずると、罪を滅し福を増すという。1日は定光仏、8日は薬師仏、14日は賢劫千仏けんごうせんぶつ、15日は阿弥陀仏、18日は観世音菩薩、23日は勢至菩薩、24日は地蔵菩薩、28日は毘盧遮那仏びるしゃなぶつ、29日は薬王菩薩、30日は釈迦牟尼仏しゃかむにぶつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android