コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十斎日 ジッサイニチ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐さいにち【十斎日】

1か月のうち、諸天王が四天下を巡察するという10日間。この日に配当された仏名を念ずると、罪を滅し福を増すという。1日は定光仏、8日は薬師仏、14日は賢劫千仏(けんごうせんぶつ)、15日は阿弥陀仏、18日は観世音菩薩、23日は勢至菩薩、24日は地蔵菩薩、28日は毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)、29日は薬王菩薩、30日は釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じっさいにち【十斎日】

〘仏〙 毎月、1・8・14・15・18・23・24・28・29・30の各日をいう。この日に八斎戒を守り、それぞれの日に割り当てられた仏・菩薩ぼさつを念ずると罪消・増福の利益りやくがあるという。その仏・菩薩は、順に定光仏じようこうぶつ・薬師仏・普賢ふげん菩薩・阿弥陀あみだ仏・観世音菩薩・勢至菩薩・地蔵菩薩・毘盧舎那びるしやな仏・薬王菩薩・釈迦牟尼しやかむに仏で、総じて十斎日仏と呼ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十斎日の関連キーワード釈迦牟尼往生講式八斎戒各日斎日

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android