コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗室(4代) せん そうしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗室(4代) せん-そうしつ

1622-1697 江戸時代前期の茶人。
元和(げんな)8年生まれ。家3代千宗旦(そうたん)の4男。千利休の曾孫。父が隠居後いとなんだ今日庵(こんにちあん)をつぎ,裏千家の祖となる。加賀金沢藩前田家につかえる。金沢で陶工大樋(おおひ)長左衛門,釜師宮崎寒雉(かんち)らを指導。元禄(げんろく)3年京都で利休百回忌を主催,利休堂を建てた。元禄10年1月23日死去。76歳。初名玄室。号は仙叟,臘月庵茶会記に「仙叟宗室茶会付」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千宗室(4代)

没年:元禄10.1.23(1697.2.14)
生年:元和8(1622)
江戸初期の茶人。千宗旦の4男。通称長吉郎,医師名玄室,仙叟,臘月庵と号した。古宗室と追称される。季子であるが,利休の孫としての父宗旦が,さらに追求した侘び茶の境地を茶室今日庵,又隠,寒雲亭と共に継承し,裏千家を確立した。寛永18(1641)年,医師野間玄琢の弟子となるが,4年後に玄琢の死去にあう。慶安4(1651)年名を宗室と改め,翌年には加賀(金沢市)の前田利常に仕官し三の丸に屋敷を賜り,茶道茶具奉行となる。綱紀にも仕え,味噌蔵町に住み,陶工大樋長左衛門,釜師宮崎寒雉などを育成,金沢の地に茶の湯を普及させた。元禄3(1690)年,京都で利休百回忌を主催,千家の中に初めて利休堂を建てた。墓は京都大徳寺聚光院にあるが,金沢の月心寺にも墓塔が存する。<参考文献>千宗左(13代)編『元伯宗旦文書』

(戸田勝久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

千宗室(4代)の関連キーワード千宗室(せんそうしつ)大樋長左衛門(初代)真清水蔵六(初代)古市宗也(2代)千宗室(13代)狩野宗朴(初代)千宗室(10代)千宗室(14代)千宗室(16代)狩野宗朴(3代)千宗室(15代)千宗室(6代)千宗左(7代)千宗室(9代)大日本茶道学会千宗左(8代)千宗守(6代)千宗室(5代)薩摩屋道舟千 猶鹿子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android