コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗左 センソウサ

デジタル大辞泉の解説

せん‐そうさ【千宗左】

[1619~1672]江戸前期の茶人。表千家の祖。宗旦の三男。号、江岑(こうしん)・逢源斎。不審庵に住み、紀州徳川家に仕えた。「江岑夏書(げかき)」の覚書を残す。以後、表家宗家は代々宗左を名のる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

千宗左【せんのそうさ】

表千家流の家元。祖の4世宗左〔1619-1672〕は千宗旦の三男。江岑斎と号した。不審庵を継いで不審庵4世を唱え以後宗左の名を世襲。紀州徳川家の茶頭を務めた。6世宗左〔1678-1730〕は原叟と号し千家の中興といわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗左 せんの-そうさ

⇒せん-そうさ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんそうさ【千宗左】

1619~1672) 茶道千家の第四世。表千家の祖。号、江岑こうしん。宗旦の三男。不審庵に住し、紀伊徳川家に仕えた。以後、表千家宗家は宗左を名乗る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の千宗左の言及

【表千家流】より

…千利休を開祖とする茶道流儀の一つ。代々宗左を名のる。利休の切腹によって千家は一時断絶したが,会津若松の蒲生氏郷に預けられていた利休の子千少庵が豊臣秀吉に召し出され,本法寺前町に屋敷が与えられて千家の再興がはかられ,千家2世となった。それとともに大徳寺の喝食(かつしき)として修行していた少庵の子千宗旦は還俗し,千家3世を継承することとなった。その後,宗旦は不審庵を中心とする本法寺前町の屋敷を三男江岑(こうしん)宗左に譲り,北裏に今日庵(裏千家)を建て,四男仙叟(せんそう)宗室とともに移り住んだ。…

【不審庵】より

…表千家を代表する茶室で表千家邸内(京都市上京区)に所在。また表千家流家元の庵号として呼ばれる。利休の賜死後,京都上京の本法寺前に千家再興を許された千少庵は,深三畳台目と三畳道安囲(どうあんがこい)の茶室をつくり,いずれかに〈不審庵〉の額を掲げていた。次いで千宗旦は一畳半を造立して不審庵と称した。これを受け継いだ江岑(こうしん)宗左が,父宗旦とはかり新しく平三畳台目に建て替えたのが,現存する不審庵の始まりである。…

※「千宗左」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千宗左の関連キーワード千宗左(せんそうさ)鴻池善右衛門(9代)鴻池善右衛門(4代)千宗左(10代)古市宗也(3代)千宗左(12代)古市宗也(2代)駒沢利斎(初代)駒沢利斎(4代)住山楊甫(初代)千宗左(11代)千宗左(14代)三谷宗鎮(初代)千宗守(8代)千宗守(7代)千宗左(8代)千宗左(7代)千宗左(6代)大西浄元(1)千宗室(8代)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千宗左の関連情報