商量(読み)ショウリョウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐りょう〔シヤウリヤウ〕【商量】

[名](スル)いろいろ考えて推しはかること。
「あらゆる返事は、…相手と自分を―して、臨機に湧いて来るのが」〈漱石それから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐りょう シャウリャウ【商量】

〘名〙
① 事の由来、すべき方法、事の善悪などをあれこれと考えること。
※続日本紀‐慶雲元年(704)六月己未「其身材強幹湏時務者、国司商量充使之
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「万事を商量(シャウリャウ)するものは一本調子の人を羨ましがる」 〔品字箋〕
② 相談すること。相談して考えること。
※空華日用工夫略集‐至徳二年(1385)正月九日「庭時読棱伽経、指其疑処、与余商量者数段、余略解之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報