コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半知 ハンチ

3件 の用語解説(半知の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐ち【半知】

知識が中途半端なこと。
江戸時代、藩の財政救済のため、領主が借り上げの形式で家臣の知行・俸禄を半分に減じたこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はんち【半知】

知行の半分。本来の知行・俸禄が半分になること。
江戸時代、藩の財政難を救う方法として、領主が家臣の俸禄を借り上げにより半分に削減したこと。 → 借り上げ
知識が中途はんぱなこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半知
はんち

本来の意味は知行(ちぎょう)の半分。江戸時代に武士に対する処罰として知行の半分を没収すること。また大名が財政窮乏を補うため、家臣の知行・俸禄(ほうろく)の一部を借り上げ、あるいは削減したことをさした。借り上げ、上米(あげまい)、献米などともいう。後者は近世中期以降に諸藩で実施され、しだいに恒常的に借り上げる例が多くなった。さらに面扶持(めんぶち)・擬作(あてがい)と称し、知行高を無視して家臣の家族数に応じて扶持を支給する藩もあった。江戸幕府が享保(きょうほう)の改革のときに実施した上米の制も、この借り上げの一つに数えられる。[根岸茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半知の関連キーワード一知半解尻切れ中途半端何方付かず半可半ちく半知半解半間生欠伸ぬるい

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

半知の関連情報