コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半知 ハンチ

デジタル大辞泉の解説

はん‐ち【半知】

知識が中途半端なこと。
江戸時代、藩の財政救済のため、領主が借り上げの形式で家臣の知行俸禄半分に減じたこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんち【半知】

知行の半分。本来の知行・俸禄が半分になること。
江戸時代、藩の財政難を救う方法として、領主が家臣の俸禄を借り上げにより半分に削減したこと。 → 借り上げ
知識が中途はんぱなこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半知
はんち

本来の意味は知行(ちぎょう)の半分。江戸時代に武士に対する処罰として知行の半分を没収すること。また大名が財政窮乏を補うため、家臣の知行・俸禄(ほうろく)の一部を借り上げ、あるいは削減したことをさした。借り上げ、上米(あげまい)、献米などともいう。後者は近世中期以降に諸藩で実施され、しだいに恒常的に借り上げる例が多くなった。さらに面扶持(めんぶち)・擬作(あてがい)と称し、知行高を無視して家臣の家族数に応じて扶持を支給する藩もあった。江戸幕府が享保(きょうほう)の改革のときに実施した上米の制も、この借り上げの一つに数えられる。[根岸茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

半知の関連キーワード飛び上がり者・飛び上り者黒沢庄右衛門松平吉品家中工業毛利高標朽木稙昌松平直純江戸時代小田原藩恩田木工豊前国広瀬藩川越藩米沢藩松代藩借上げ日暮硯家臣領主半解

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半知の関連情報