コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経世秘策 ケイセイヒサク

4件 の用語解説(経世秘策の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいせいひさく【経世秘策】

江戸中期の経世書。2巻。補遺・後編。本多利明著。寛政年間(1789~1801)成立。開国交易・属島開発による富国政策を論じた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいひさく【経世秘策】

江戸後期の経世家本多利明が,国を経営し富ますための秘訣となる政策を論じた書。1798年(寛政10)成る。上下2巻,補遺,後編(一名《国家豊饒策》)。彼の思想,政策が体系的に示された代表作の一つ。上下巻においては,富国策の基本として焰硝(=爆薬,国土開発の手段),諸金(金銀銅鉄鉛山の開発,重金主義的術策),船舶(海外貿易のための“長器”で官営を主張),属島(北海道・樺太を主とする科学的な自然開発)の〈四大急務〉を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいせいひさく【経世秘策】

富国策を論じた経世書。二巻。本多利明著。寛政年間(1789~1801)成立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経世秘策
けいせいひさく

江戸後期の経世家本多利明(としあき)の主著の一つ。寛政(かんせい)年間(1789~1801)の著作。都市・農村の荒廃、ロシア使節の蝦夷地(えぞち)(北海道)来航など、識者の関心を高めたが、実学開明論者の利明は積極的に自説を表明した。本書は上・下巻、補遺、後篇(こうへん)からなる。金銀銅、焔硝(えんしょう)、塩などから玻璃(はり)の製作、河川の開通等に関して国富、流通、貿易の面から論じ、また蝦夷地開発の制度化による推進、都市の生活、治安の維持を、火災、米価、夜盗を例に改革を説いた。為政者に対する警世の書である。[末中哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経世秘策の関連キーワード経世家本多利明豆本多今井兼庭大原利明斎藤正順西尾喜宣馬場正督三角風蔵経済要略

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone