コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経世秘策 ケイセイヒサク

デジタル大辞泉の解説

けいせいひさく【経世秘策】

江戸中期の経世書。2巻。補遺・後編。本多利明著。寛政年間(1789~1801)成立。開国交易・属島開発による富国政策を論じた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいひさく【経世秘策】

江戸後期の経世家本多利明が,国を経営し富ますための秘訣となる政策を論じた書。1798年(寛政10)成る。上下2巻,補遺,後編(一名《国家豊饒策》)。彼の思想,政策が体系的に示された代表作の一つ。上下巻においては,富国策の基本として焰硝(=爆薬,国土開発の手段),諸金(金銀銅鉄鉛山の開発,重金主義的術策),船舶(海外貿易のための“長器”で官営を主張),属島(北海道・樺太を主とする科学的な自然開発)の〈四大急務〉を説く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいせいひさく【経世秘策】

富国策を論じた経世書。二巻。本多利明著。寛政年間(1789~1801)成立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経世秘策
けいせいひさく

江戸後期の経世家本多利明(としあき)の主著の一つ。寛政(かんせい)年間(1789~1801)の著作。都市・農村の荒廃、ロシア使節の蝦夷地(えぞち)(北海道)来航など、識者の関心を高めたが、実学開明論者の利明は積極的に自説を表明した。本書は上・下巻、補遺、後篇(こうへん)からなる。金銀銅、焔硝(えんしょう)、塩などから玻璃(はり)の製作、河川の開通等に関して国富、流通、貿易の面から論じ、また蝦夷地開発の制度化による推進、都市の生活、治安の維持を、火災、米価、夜盗を例に改革を説いた。為政者に対する警世の書である。[末中哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経世秘策の関連キーワード化政文化海防論飢饉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android