コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南助松 みなみ すけまつ

2件 の用語解説(南助松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南助松 みなみ-すけまつ

1873-1964 明治-昭和時代の労働運動家。
明治6年8月10日生まれ。北海道夕張炭鉱ではたらき,明治35年永岡鶴蔵(つるぞう)と大日本労働至誠会を結成。足尾銅山にうつった永岡をたすけ,39年至誠会足尾支部を組織。40年の足尾銅山争議で首謀者として検挙され,無罪となったが組織は壊滅した。のち雑誌を発行し,運動の再建をめざした。昭和39年10月15日死去。91歳。石川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南助松
みなみすけまつ
(1873―1964)

明治後期の労働運動家。明治6年8月10日石川県に生まれる。22歳で上京、台湾での軍夫生活を経て、北海道で書生、店員、漁師などさまざまの仕事に従事し、1896年(明治29)夕張(ゆうばり)炭鉱坑夫となる。99年札幌での帝国坑夫共済会の設立に際し、夕張鉱の同僚永岡鶴蔵(ながおかつるぞう)らと創立委員になる。その後、西川光二郎(みつじろう)の著書を通じて社会主義に接近し、1902年(明治35)、夕張で労働者の組織である大日本労働至誠(しせい)会が設立された際は、永岡とともに主導的役割を果たし、一時その会員は1300人を数えた。06年、永岡の招きで足尾(あしお)銅山に移り、至誠会足尾支部を結成した。07年の足尾暴動では「首魁(しゅかい)」として逮捕、起訴されたが、裁判の結果無罪となった。晩年は菊水と号した。昭和39年10月15日東京で死去。[桑原真人]
『村上安正「南助松」(『思想の科学』第119号所収・1971・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南助松の言及

【永岡鶴蔵】より

…鉱山の坑夫だったとき,キリスト教を知って労働者の救済と組織化のために生きることを決意し,1893年院内銀山で鉱業条例遵守要求のストライキ,秋田県で鉱夫税反対闘争を指導し成功した。のち北海道夕張炭鉱に移り,1902年運搬夫の南助松と大日本労働至誠会を結成した。片山潜の影響で鉱山労働者の全国組織結成を決意,足尾銅山に移り活発な運動を展開し,06年12月南とともに労働至誠会足尾支部を設立した。…

※「南助松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南助松の関連キーワード吾妻光俊石川知福伊藤卯四郎佐野芳雄荘原達菅野和夫土井直作西浦宇吉野村平爾原虎一

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone