コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南箕輪村 みなみみのわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南箕輪〔村〕
みなみみのわ

長野県中部,伊那盆地の北部,天竜川西岸にある村。伊那市をはさんで西方に飛び地がある。信州大学農学部など教育機関も多く学園村とも呼ばれる。河岸段丘上では米作のほか,ナシ,カーネーションなどが栽培される。酪農団地もある。東部を JR飯田線,国道 153号線が通り,中央自動車道の伊那インターチェンジがある。飛び地を国道 361号線が抜ける。面積 40.99km2。人口 1万5063(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南箕輪村の関連キーワード長野県上伊那郡南箕輪村の要覧南箕輪(村)南みのわ新聞大明化学工業信州大芝高原西天竜用水有賀 光豊神子柴遺跡加藤 明治まっくん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南箕輪村の関連情報