コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南関町 なんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南関〔町〕
なんかん

熊本県北西部,山鹿盆地の西部を占め,福岡県に接する町。 1889年町制。 1955年坂下,大原,賢木 (けんぼく) ,米富 (よねどみ) の4村と合体。中心地区の関町筑前と肥後を結ぶ交通の要地で,古くから宿駅関所がおかれ,宿場町,農林産物の集散地として繁栄した。低山性の山間盆地では米,コムギのほか,野菜,肉牛を産し,タケノコ,クリ,木材の生産も多い。そうめんを特産。町域の一部は小岱山県立自然公園に属する。九州自動車道が通る。面積 68.92km2。人口 9786(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南関町の関連キーワード熊本県玉名郡南関町肥猪町熊本県玉名郡南関町四ツ原熊本県玉名郡南関町下坂下熊本県玉名郡南関町関外目熊本県玉名郡南関町上坂下熊本県玉名郡南関町上長田熊本県玉名郡南関町高久野熊本県玉名郡南関町肥猪熊本県玉名郡南関町久重熊本県玉名郡南関町小原熊本県玉名郡南関町関村熊本県玉名郡南関町関東熊本県玉名郡南関町関町熊本県玉名郡南関町宮尾熊本県玉名郡南関町相谷熊本県玉名郡南関町長山熊本県玉名郡南関町豊永熊本県玉名郡南関町関下熊本県玉名郡南関町細永熊本県玉名郡南関町今

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南関町の関連情報