コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三加和 みかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三加和
みかわ

熊本県北西部,和水町北部の旧町域。山鹿盆地の西部に位置し,北で福岡県に接する。 1955年神尾村,緑村,春富村が合体して三加和村となり,1968年町制。 2006年菊水町と合体して和水町となった。北部は丘陵性の筑肥山地の一部をなし,集落が立地。谷沿いの耕地では米作を中心に,ナス,イチゴなどの施設栽培が行なわれる。南部に三加和温泉があるほか豊前街道が通じ,腹切坂は国の史跡に指定されている。北部の田中城跡も国指定史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三加和
みかわ

熊本県北部、玉名(たまな)郡にあった旧町名(三加和町(まち))。現在は和水(なごみ)町の北部を占める。旧三加和町は1955年(昭和30)春富、緑、神尾の3村が合併して誕生。1968年町制施行。2006年(平成18)菊水(きくすい)町と合併し和水町となった。旧三加和町の主幹産業である米麦農業は、北端の筑肥(ちくひ)山地の山奥に源を発し、南端の菊池(きくち)川に流入している十町(じっちょう)川・和仁(わに)川の本・支流沿いに階段状にみられる耕地に展開。また昭和30年代後半から本格化したミカン栽培地は、北半域の諸峰の頂までに広がっているが、米同様、生産過剰に悩んでいる。米の減反政策の強化は、ナス、メロン、イチゴ、スイカ、クリなどの導入を盛んにしている。過疎化の歯止め策として、輸送機械・ゴム製品などの工場誘致に成功してはいるものの、その労働力吸収は女子雇用に偏りがちである。南端付近を東西に国道443号が走り、近くに三加和温泉センターがある。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三加和の関連キーワード熊本県玉名郡和水町和水(町)金栗 四三笹淵 友一宮田 洋容和水[町]菊池川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android