玉名市(読み)たまな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉名〔市〕
たまな

熊本県北西部,菊池川下流域,菊池平野にある市。南部で島原湾に面する。 1954年玉名町,大浜町,伊倉町の3町と滑石村,豊水村,石貫村,玉名村,小田村,梅林村,築山村,八嘉村,月瀬村の9村が合体して市制。 1956年南関町の一部を編入。 1978年横島干拓の一部である大栄地区を編入。 2005年岱明町,横島町,天水町の3町と合体。中心市街地の高瀬は中世~近世初期に菊池川の河港として栄え,中国や東南アジア方面との貿易が盛んであった。江戸時代には熊本藩の保護政策により特別町制が施行され,藩米などの積出港として繁栄。 1891年九州鉄道開通後は周辺の農業地域の中心地となった。菊池川沿いでは米作,台地や丘陵地帯ではウンシュウミカン,ブドウ,イチゴ,メロンなどの果樹栽培が行なわれる。干拓地が広がる沿岸部では,ノリやアサリの養殖が盛ん。中部の玉名には装飾古墳の大坊古墳,永安寺東古墳・西古墳,北部の石貫には石貫穴観音横穴,石貫ナギノ横穴群 (いずれも国の史跡) があり,唐人の墓などの遺跡も多い。広福寺は大智禅師による墨跡,大智墨蹟東谷明光除夜偈 (だいちぼくせきとうこくみょうこうじょのげ) など国の重要文化財を所蔵する。西部にある大野下の大ソテツは国指定天然記念物。ラジウム温泉で名高い玉名温泉のある北部は小岱山県立自然公園の中心地。金峰山の北斜面にあたる南東部は金峰山県立自然公園に属する。国道 208号線,501号線が通る。面積 152.6km2。人口 6万6782(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉名市の関連情報