コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位反応 たんいはんのうunit process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単位反応
たんいはんのう
unit process

単位工程,ユニットプロセスともいう。化学工業における反応工程基本単位酸化還元ハロゲン化ニトロ化スルホン化異性化重合など,多数の単位反応がある。このような反応の分類は必ずしも反応装置の設計,操作の決定に便利ではなく,現在の反応工学ではこのような単位反応はあまり重視されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単位反応
たんいはんのう
unit process

化学工業で行われる化学的操作を、燃焼、酸化、還元、水素添加、電解、ニトロ化、ハロゲン化、スルホン化、アルキル化、エステル化、アミノ化、重合、縮合、発酵などのいくつかの基本的な化学反応の形式によって分類したものである。単位操作化学プロセスのうちおもに物理的操作を対象としているのに対し、化学的操作を対象として1928年アメリカのグロージンP. H. Grogginによって提唱され、引き続き30年代にスレーブR. N. Shreveによって化学工学の教科目に取り入れられ、その著書において、化学工学=単位操作+単位反応 と考えるべきであると強調された。もともと化学反応を工業規模で実施するための反応装置の設計とその合理的な操作条件決定の基礎理論の確立を目標として提案されたものであるが、化学的要素と工学的要素との調和がむずかしく、単位反応の基礎づけと体系化はその後進展せず、化学反応の単なる分類のように解釈され、いまこの用語はほとんど用いられず、単位操作に対して反応操作とよばれることが多い。現在では、反応装置を扱うには、化学反応を気相反応、液相反応などのように、相によって分類するほうが便利であり、化学反応の速度に流動、拡散、伝熱といった物理現象の影響を考慮した工学的扱い、すなわち反応工学に移り変わってきている。[大竹伝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

単位反応の関連キーワード断熱反応素反応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android