原 六郎(読み)ハラ ロクロウ

20世紀日本人名事典の解説

原 六郎
ハラ ロクロウ

明治・大正期の銀行家 第百国立銀行頭取;横浜正金銀行頭取。



生年
天保13年11月9日(1842年)

没年
昭和8(1933)年11月14日

出生地
但馬国朝来郡佐囊村(兵庫県)

旧姓(旧名)
進藤

経歴
生家は豪農。弘化4年より深高寺住職について素読を習い、安政2年池田草庵の青谿書院に学ぶ。尊攘運動に参加。平野国臣と親交を結び、文久3年生野の挙兵に参加し、さらに長州藩兵として討幕運動に加わる。維新後欧米に留学して銀行論を学び、明治10年帰国。11年第百国立銀行創立に参加し頭取に就任。13年東京貯蓄銀行を創立、16年横浜正金国立銀行頭取となる。また、日本・台湾・勧業・興業各銀行創立委員をつとめ、日本の銀行業確立に功績を残した。この他、富士製紙、横浜船渠の社長、山陽、東武、北越各鉄道会社、東洋汽船帝国ホテル等各社の重役を歴任。渋沢栄一安田善次郎大倉喜八郎古河市兵衛と共に“5人男”と称され、実業界に重きをなした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

原 六郎 (はら ろくろう)

生年月日:1842年11月9日
明治時代;大正時代の実業家。第百国立銀行・横浜正金銀行各頭取
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android