コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原六郎 はら ろくろう

3件 の用語解説(原六郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

原六郎

実業家。但馬生。旧姓は進藤。欧米に留学して銀行論を学び、帰国。第百国立銀行・東京貯蔵銀行・横浜正金銀行頭取となる。以後日本銀行台湾銀行の創立委員となる一方、山陰鉄道・富士製紙・横浜船渠など多くの事業会社の重役として活躍。昭和8年(1933)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原六郎 はら-ろくろう

1842-1933 明治-大正時代の実業家。
天保(てんぽう)13年11月9日生まれ。生野の変にかかわり,改名して追及をさける。維新後,欧米に留学し経済学,銀行論をまなぶ。明治11年第百国立銀行を創立し,16年横浜正金銀行頭取となった。東武鉄道,帝国ホテルなどの重役もつとめた。昭和8年11月14日死去。92歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。本名は進藤長政。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原六郎
はらろくろう
(1842―1933)

実業家。豪農進藤丈右衛門の六男として但馬(たじま)国(兵庫県)朝来(あさご)郡に生まれる。池田草庵の青谿(せいけい)学院に学び、志士と交わり尊王倒幕運動に加わる。明治維新後、欧米に留学し経済学や銀行業を学び、1878年(明治11)第百国立銀行を創立し頭取(とうどり)となる。80年東京貯蔵銀行を創立して貯蓄銀行に先鞭(せんべん)をつけ、さらに83年には横浜正金(しょうきん)銀行の第3代頭取に就任し同行の再建を果たした。また日本銀行、台湾銀行などの創立委員を歴任してわが国銀行業の確立に多大の業績を残したほか、各種企業の役員として財界でも有力な地位を占めた。後年いっさいの事業を養嗣子(ようしし)邦造に譲り、隠退してキリスト教に帰依(きえ)し宗教生活に余生を送った。[浅野俊光]
『板沢武雄・米林富男著、原邦造編・刊『原六郎翁伝』全3巻(1937)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原六郎の関連キーワード秋田半三秋山源兵衛石井謹吾大石保大島寛爾岡烈小田川全之谷新助宮本吉右衛門横山隆俊

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原六郎の関連情報