原子力ロケット(読み)げんしりょくロケット(英語表記)nuclear rocket; nuclear propulsion systems

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「原子力ロケット」の解説

原子力ロケット
げんしりょくロケット
nuclear rocket; nuclear propulsion systems

原子核エネルギーを利用するロケット。いろいろな種類があるが,その一つは原子炉加熱型と伝導型と呼ばれるもので,ロケットのエンジン部に小型の原子炉を積み,液体水素を原子炉の炉心を通して,高温水素ガスとしてノズルから噴出する。ガスの排出速度は,ガスが軽く,高温であればあるほど大きい。水素は最も目方が軽いので,排出用としては最適なわけである。この方式の原子力エンジンは,アメリカで 1959年にローバー計画として始められた。このほかアークロケットや,イオンロケットプラズマロケットのような電気推進ロケットの発電源として,原子力を使う方式がある。しかし一般に,化学ロケットに比べて,原子力ロケットは推力が小さいので,大型宇宙船などを地上から直接打上げるには適さない。そこで多段式ロケットの最終段に用い,下段部の化学ロケットでまず人工衛星軌道に乗せたのち,月や火星金星などの惑星への飛行に利用することが考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「原子力ロケット」の解説

原子力ロケット
げんしりょくろけっと

原子力エネルギーを利用し推力を得るロケット。原子核反応炉を搭載し、その発生熱を利用して液体水素のような小分子量の推進剤を加熱気化し、生成ガスをノズルから排出することにより、その反作用として推力を発生する。このように熱源以外は化学ロケットと類似点が多く、比推力もその2~3倍程度で、イオン・ロケットなどに比べるとかなり低い。また、放射能に対する安全性の問題もあってまだ実用例はないが、将来の深宇宙飛行など、超長距離、長時間飛行への利用は期待される。

[黒田泰弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「原子力ロケット」の解説

原子力ロケット【げんしりょくロケット】

原子炉で生ずる熱で液体水素を加熱,高温ガスとして噴射する方式のロケット。1960年代には各種のエンジンが試作されたが,実用化のめどが立たず,1972年以降は開発が中断されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「原子力ロケット」の解説

げんしりょく‐ロケット【原子力ロケット】

〘名〙 (ロケットはrocket) 原子力を推進の動力源とするロケット。推進剤の液体水素を原子炉で加熱し、水素原子の速度をあげてノズルから噴出させ、その反動で推進する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「原子力ロケット」の解説

げんしりょく‐ロケット【原子力ロケット】

原子力エンジンを装備したロケット。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「原子力ロケット」の解説

げんしりょくロケット【原子力ロケット nuclear rocket】

広義には推進用エネルギー源として核エネルギーを用いるロケットを指すが,狭には水素を原子炉の熱で高温状態とした後ノズルより噴射する形式のロケットをいう。後者の原子力ロケットの開発は,アメリカで1955年より始められ,60年代において数多くのエンジンが試作試験されたが実用に至らぬまま72年以降開発は中断されている。化学ロケットの倍程度の比推力が得られる反面,システム質量に比べて推力は小さいので,もっぱら軌道間飛行用である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android