コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参考太平記 さんこうたいへいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参考太平記
さんこうたいへいき

太平記』の諸伝本 (西源院本,南都本,今川家本,前田家本,毛利家本,北条家本,金勝院本,天正本など) を比較し,さらに『公卿補任』『増鏡』『園太暦』など 104部に上る記録,文書によって記事の適否を考訂した書。 40巻。本書は徳川光圀が『大日本史撰修の準備作業として,儒臣今井弘済に命じて編集させたもので,弘済の死後,内藤貞顕が引継いで元禄4 (1691) 年刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんこうたいへいき〔サンカウタイヘイキ〕【参考太平記】

太平記校訂・注釈書。40巻41冊または64冊。今井弘済・内藤貞顕編。元禄2年(1689)成立、元禄4年(1691)刊。徳川光圀(みつくに)の命により、大日本史編纂(へんさん)の資料として作成された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

参考太平記の関連キーワード今井魯斎