コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反高/段高 タンダカ

デジタル大辞泉の解説

たん‐だか【反高/段高】

江戸時代、新開の地で地質水利が悪く収穫不安定な場合、反別だけを検定して石高をつけないこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たんだか【反高】

江戸時代の田地表示の一種で段高とも書く。芝地や空地などを新田開発しても,土質が劣悪であったり,沼沢地などで出水のたびに荒地と化すなど収穫が不定であるような土地で,将来も正規の石高に組み入れがたい場合に,反別のみ検地してごく低率の田租を課した。その高を反高といい,その場所を反高場といった。これに対して,地味劣悪で当面は高に組み入れがたいが,将来地味成熟すればさらに検地のうえ石高を定めて村高に編入する見込みがある田地は見取(みとり)あるいは見取場といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反高/段高の関連キーワード住吉(兵庫県)波多野元清波多野稙通足利高基割地制度成箇郷帳新田検地江戸時代高請地

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android