コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古在由直 こざい よしなお

4件 の用語解説(古在由直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古在由直 こざい-よしなお

1865*-1934 明治-昭和時代前期の農芸化学者。
元治(げんじ)元年12月20日生まれ。清水紫琴の夫。古在由重の父。明治33年東京帝大教授となり,大正9年同大総長。助教授時代から足尾銅山の鉱毒を調査し,被害の原因が銅山にあることを立証。発酵化学の研究で業績をのこす。昭和9年6月18日死去。71歳。京都出身。駒場農学校(現東大)卒。旧姓は柳下。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こざいよしなお【古在由直】

1864‐1934(元治1‐昭和9)
農芸化学者。京都出身。駒場農学校卒業。1895年ドイツに留学,牛乳腐敗菌の研究でドイツ学界に名声をえる。99年農学博士,1900年に帰国し,東京帝国大学農科大学教授となる。足尾鉱毒事件の発生初期において,鉱毒被害農民の依頼により,同僚の長岡宗好とともに1890年初めて被害原因を科学的に分析し,河水中から銅の化合物を検出した(結果は1892年〈足尾銅山鉱毒研究〉として《農学会会報》16号に発表)。92年清水紫琴と結婚する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こざいよしなお【古在由直】

1864~1934) 農芸化学者。京都生まれ。東京帝国大学農科大学教授。後に東京帝国大学総長。農芸化学的研究のほか、足尾鉱毒事件の学術的調査を行い、銅山の銅が土壌を侵していることを証明。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古在由直
こざいよしなお
(1864―1934)

農芸化学者。元治(げんじ)元年12月京都に生まれる。12歳のとき、父仙蔵と死別。1881年(明治14)駒場(こまば)農学校に入学、ケルネルOscar Kellner(1851―1911)に学ぶ。1886年同校農芸化学科を卒業、この年同校が東京山林学校と合併し東京農林学校と改称され、その助教授、ついで教授となる。1890年、同校がさらに東京帝国大学農科大学となるに及び同大学助教授となった。1892年、女流作家清水紫琴と結婚。1895年ドイツに留学し農芸化学を研究、1900年(明治33)に帰国し東京帝国大学農科大学教授となる。1905年、農事試験場技師および場長を兼任、1911年東京帝国大学農科大学学長、1920~1928年(大正9~昭和3)東京帝国大学総長を務めた。
 農芸化学上の研究としては、茶の生化学、各種肥料の稲作および畑作における肥効、土壌の消耗や地力の研究、またリン酸肥料の必要性や日本酒醸造における酵母の純培養の必要性を指摘するなど、当時未開発であった課題について草分け的研究を行った。また1923年の関東大震災後、東京帝国大学の復興に尽力した。足尾(あしお)鉱毒事件に際しては、農民の依頼に応じて渡良瀬(わたらせ)川流域の土壌を分析し、鉱毒の銅の存在を確認するとともに、農民の補償要求に協力し、その救済に尽力した。[道家達將]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古在由直の言及

【清水紫琴】より

…大井憲太郎と恋愛し男児をもうけるが別れる。92年,のちに東京帝大総長となる古在由直と再婚。被差別民を扱った《移民学園》(1899)以後筆を絶った。…

【農学】より

…ケルナーは土壌・肥料,植物栄養,家畜飼養,農産製造,蚕体生理の諸研究面において,フェスカは《日本地産論》などを著す過程において,ダンは畜種改良,牧草導入,輪作,草地改良,大型機械利用の各面において,大きな影響を与えた。 それら本邦農学,泰西農学を受けて,〈明治農学〉ともいうべき新分野を展開したのが,横井時敬,酒勾常明,古在由直らの農学者であった。横井は初期には農学の実験的分野に関心を示したが,後に経営,経済に力を入れ,《塩水選種法》《稲作改良法》などの著書があり,酒勾には《改良日本稲作法》があり,ケルナーの弟子古在は,日本における農芸化学の祖ともいうべき農学者であり,公害研究の先駆者でもあった。…

※「古在由直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古在由直の関連キーワード森盲天外元治農芸天川恵三郎伊東要蔵牛尾梅吉片桐英郎平野桑四郎松浦厚水町袈裟六

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古在由直の関連情報