叫喚地獄(読み)きょうかんじごく

四字熟語を知る辞典「叫喚地獄」の解説

叫喚地獄

仏教でいう八熱地獄の第四番目。罪人が猛火熱湯などの苦しみにあい、泣きわめくところ。

[使用例] 白煙立ちこめる楽天地の中は、今や叫喚地獄と化していた。大きく斜めに傾いた回転木馬のドーム状の屋根が燃えていた[筒井康隆*脱走と追跡のサンバ|1971]

[使用例] 雪崩に呑まれりゃ 叫喚地獄 呑まれて転がりゃ 鉄丸地獄 寒さは寒し 冷寒地獄[井上ひさし*藪原検校|1974]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「叫喚地獄」の解説

叫喚地獄
きょうかんじごく

八熱地獄 (または八大地獄) の一つ。叫喚 raurava地獄とは,熱湯の煮えたぎる大釜や,大火の燃え盛る鉄室で苦しめられ,あまりの苦しさに泣き叫ぶことから名づけられている。そこは生き物を殺した (殺生) 者,盗み (偸盗) ,妻以外の女または夫以外の男とのよこしまな性交 (邪淫) ,飲酒の罪を犯した者がおもむくところという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「叫喚地獄」の解説

きょうかん‐じごく ケウクヮンヂゴク【叫喚地獄】

〘名〙 仏語。八熱地獄の第四番目。罪人が猛火や熱湯などの苦しみにあい、泣きわめくところ。叫喚。
※往生要集(984‐985)大文一「四、叫喚地獄者在衆合下、縦広同前」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「叫喚地獄」の解説

きょうかん‐じごく〔ケウクワンヂゴク〕【叫喚地獄】

八大地獄の第四。殺生・偸盗ちゅうとう邪淫じゃいん・飲酒をした者が落ち、熱湯や猛火の中で苦しめられ、泣きさけぶ所という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android