合成の誤謬(読み)ごうせいのごびゆう(英語表記)fallacy of composition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成の誤謬
ごうせいのごびゆう
fallacy of composition

個人 (もしくは部分) にとって真実であることは,集団 (もしくは全体) にとっても真実であると誤って認識することをいう。たとえば,個人が貯蓄を増やそうとするミクロ的行動は,マクロ的には貯蓄量を増加させるとはかぎらない。個人が余分に貯蓄しようという行動は,社会全体の貯蓄関数を上方にシフトさせるが,それは消費を低め,社会の有効需要を減らし,経済活動水準を低下させて所得水準を減少させる。貯蓄の基になる所得水準が低下するのだから,貯蓄が増えるとはかぎらない。特に,投資が所得の変化により誘発される度合いが大きい経済では,社会全体の貯蓄は減少することになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごうせい‐の‐ごびゅう〔ガフセイ‐ゴビウ〕【合成の誤×謬】

fallacy of composition》個人や個々の企業がミクロの視点で合理的な行動をとった結果、社会全体では意図しない結果が生じること。例えば、企業が経営を健全化するために人件費を削減すると、個人消費が減少し、景気の低迷を長引かせる結果となることなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうせいのごびゅう【合成の誤謬】

個々人にとってよいことも、全員が同じことをすると悪い結果を生むことをいう語。個人にとって貯蓄はよいことであっても、全員が貯蓄を大幅に増やすと、消費が減り経済は悪化するなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android