コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井淳二 よしい じゅんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉井淳二 よしい-じゅんじ

1904-2004 昭和-平成時代の洋画家。
明治37年3月6日生まれ。昭和元年「花と女」で二科展初入選,15年二科会会員となる。40年「水汲」などで芸術院賞。44年「浜辺の井戸」で二科展内閣総理大臣賞。51年芸術院会員。54年-平成10年二科会理事長。平成元年文化勲章。写実的な画風で,働く庶民の群像をえがいた作品で知られる。特別養護老人ホームを開園するなど社会福祉にもつくした。平成16年11月23日死去。100歳。鹿児島県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉井淳二
よしいじゅんじ

[生]1904.3.6. 鹿児島,末吉
[没]2004.11.23. 鹿児島,鹿児島
洋画家。 1929年東京美術学校西洋画科卒業。郷土の先輩和田英作に師事する。 1926年二科展に初入選。 1929~32年フランスに留学。 1940年二科会会員,1979年二科会理事長。 1952年『水辺』『桃』で二科会員努力賞。 1965年『「水汲」ならびに近作』で日本芸術院賞。 1969年『浜辺の井戸』で二科展内閣総理大臣賞。働く人々の姿を清純な色彩と詩情で写実的に描き,具象画の一方向を示した。 1976年日本芸術院会員。 1985年文化功労者。 1989年文化勲章を受章。 1988年夫人の故郷である鹿児島県加世田市に特別養護老人ホームを開園,理事長を務め,社会福祉にも尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉井淳二
よしいじゅんじ
(1904―2004)

洋画家。鹿児島県生まれ。1922年(大正11)に上京し川端(かわばた)画学校で同郷の海老原喜之助(えびはらきのすけ)とともに学ぶ。26年に光風会と二科会とに初入選。29年(昭和4)東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業し、のち渡仏し32年に帰国。40年二科会会員。44年二科展内閣総理大臣賞、65年日本芸術院賞を受賞。76年日本芸術院会員となる。77年勲三等瑞宝(ずいほう)章受章。79年二科会理事長となった(~1998)。85年には、写実をもとにして庶民の群像を描いた独自の境地の具象画などにより、文化功労者となった。89年(平成1)文化勲章を受章。鹿児島県さつま市加世田に吉井淳二美術館がある(1992年開館)。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『南日本新聞社編・刊『吉井淳二画帖の栞』(1998)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉井淳二の関連キーワード鹿児島県南さつま市加世田武田海老原 喜之助吉井淳二美術館

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android