コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井淳二 よしい じゅんじ

4件 の用語解説(吉井淳二の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉井淳二

洋画家。明治37年(1904)鹿児島県生。仁科会理事長。日伯美術連盟会長兼理事長。日本芸術院会員芸術院賞等受賞。文化功労者文化勲章受賞。東京住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉井淳二 よしい-じゅんじ

1904-2004 昭和-平成時代の洋画家。
明治37年3月6日生まれ。昭和元年「花と女」で二科展初入選,15年二科会会員となる。40年「水汲」などで芸術院賞。44年「浜辺の井戸」で二科展内閣総理大臣賞。51年芸術院会員。54年-平成10年二科会理事長。平成元年文化勲章。写実的な画風で,働く庶民の群像をえがいた作品で知られる。特別養護老人ホームを開園するなど社会福祉にもつくした。平成16年11月23日死去。100歳。鹿児島県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉井淳二
よしいじゅんじ

[生]1904.3.6. 鹿児島,末吉
[没]2004.11.23. 鹿児島,鹿児島
洋画家。 1929年東京美術学校西洋画科卒業。郷土の先輩和田英作に師事する。 1926年二科展に初入選。 1929~32年フランスに留学。 1940年二科会会員,1979年二科会理事長。 1952年『水辺』『桃』で二科会員努力賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉井淳二
よしいじゅんじ
(1904―2004)

洋画家。鹿児島県生まれ。1922年(大正11)に上京し川端(かわばた)画学校で同郷の海老原喜之助(えびはらきのすけ)とともに学ぶ。26年に光風会と二科会とに初入選。29年(昭和4)東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業し、のち渡仏し32年に帰国。40年二科会会員。44年二科展内閣総理大臣賞、65年日本芸術院賞を受賞。76年日本芸術院会員となる。77年勲三等瑞宝(ずいほう)章受章。79年二科会理事長となった(~1998)。85年には、写実をもとにして庶民の群像を描いた独自の境地の具象画などにより、文化功労者となった。89年(平成1)文化勲章を受章。鹿児島県さつま市加世田に吉井淳二美術館がある(1992年開館)。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『南日本新聞社編・刊『吉井淳二画帖の栞』(1998)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉井淳二の関連キーワード中谷泰荒谷直之介大内田茂士川村勇河野通紀佐野ぬい田村一男津高和一奈良岡正夫吉井忠

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone