コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老原喜之助 えびはら きのすけ

8件 の用語解説(海老原喜之助の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

海老原喜之助

洋画家。鹿児島県生。川端画学校で学んだ後、渡仏。中川紀元の紹介で藤田嗣治に師事した。昭和2年パリでカンピーリジャコメッティと三人展を開催、ニューヨークでも二度個展を開いた。この頃の青と白の雪景シリーズは「エビハラの青」として高く評価されている。戦後は熊本に住し、海老原美術研究所を設立。独立美術協会会員。日本国際美術展連続受賞。昭和45年(1970)歿、66才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えびはら‐きのすけ【海老原喜之助】

[1904~1970]洋画家。鹿児島の生まれ。川端画学校で学んだのち、渡仏して藤田嗣治に師事。帰国後、独立美術協会展に出品した「曲馬」などが代表作。骨太い造形性を備えた斬新な作風で、国際的に活躍した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海老原喜之助【えびはらきのすけ】

洋画家。鹿児島市生れ。川端画学校に学んだ後,有島生馬に師事。1923年―1934年渡仏,サロン・ドートンヌアンデパンダン展等に出品。帰国後,独立美術協会会員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老原喜之助 えびはら-きのすけ

1904-1970 昭和時代の洋画家。
明治37年9月13日生まれ。川端画学校にまなび,大正12年渡仏し藤田嗣治(つぐはる)に師事。帰国後,昭和10年独立美術協会の会員となる。34年日本国際美術展で「蝶」が最優秀賞になるなど,数おおくの賞を受賞。戦後の具象絵画をリードした。昭和45年9月19日パリで死去。66歳。鹿児島県出身。作品はほかに「姉妹ねむる」「殉教者」「船を造る人」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えびはらきのすけ【海老原喜之助】

1904‐70(明治37‐昭和45)
洋画家。鹿児島に生まれる。中学時代に上京して川端画学校に学ぶ。19歳の時に渡仏し,はじめ藤田嗣治に師事。サロン・ドートンヌに入選するころから注目され,1929年にはサロン・ド・レスカリエ第10回展に招待され,《姉妹ねむる》など14点を出品。フランドル絵画に影響されて雪景の連作を描く。またジャコメッティやカンピーリらと親交を結ぶ。34年帰国。第5回独立美術協会展に《曲馬》を出品して日本の美術界に登場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えびはらきのすけ【海老原喜之助】

1904~1970) 洋画家。鹿児島県生まれ。渡仏し藤田嗣治に師事。独立美術協会会員として活躍。代表作「雨の日」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海老原喜之助
えびはらきのすけ

[生]1904.9.13. 鹿児島
[没]1970.9.19. パリ
洋画家。 1921年上京,川端画学校に学び,23年二科展に出品。 23~33年フランスに留学,藤田嗣治の指導を受け,サロン・ドートンヌアンデパンダン展に出品。また二科展にも作品を送った。 34年帰国,翌年独立美術協会会員。 60年第1回毎日芸術賞受賞,その他海外の国際展でも受賞。 67年から渡欧しパリで客死。主要作品『曲馬』 (1935,熊本県立美術館) ,『船を造る人』 (54,北九州市立美術館) ,『雨の日』 (63,東京国立近代美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海老原喜之助
えびはらきのすけ
(1904―1970)

洋画家。鹿児島市に生まれる。中学校卒業後上京し、有島生馬(いくま)に師事、川端画学校に通う。1923年(大正12)渡仏して藤田嗣治(つぐじ)の薫陶を受け、翌年サロン・ドートンヌに出品。パリでカンピーリ、ジャコメッティと三人展を開いたり、サロン・デ・ザンデパンダンなどに出品。34年(昭和9)帰国、翌年独立美術協会の会員となる。第二次世界大戦後15年間熊本に住み、海老原美術研究所を主宰する。51年(昭和26)『殉教者』が文部省買い上げ。日本国際美術展において、57年『燃える』が国立近代美術館賞、59年『蝶(ちょう)』が最優秀賞を受け、翌年第1回毎日芸術賞、また63年の『雨の日』ほかにより芸術選奨文部大臣賞を受賞。知性的具象絵画の代表作家だったが、昭和45年9月19日パリで没した。[小倉忠夫]
『『現代日本の美術9 海老原喜之助他』(1976・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海老原喜之助の関連情報