コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉書の奏 きっしょのそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉書の奏
きっしょのそう

吉書とは吉日に奏覧する文書をいい,吉書の奏とは平安時代,年始や改元などに弁官蔵人外記 (げき) から吉書を奏聞した儀式をいう。初めは朝廷の儀式であったが,のちには摂関家や鎌倉,室町幕府でも行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きっしょのそう【吉書の奏】

平安時代、朝廷で吉書を奏聞した儀式。年始は正月二日または三日に弁官・蔵人くろうどより奏し、政始は正月九日または代始め・改元後の吉日に大臣より奏した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吉書の奏の関連キーワード吉書始め正月政始

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android