吉書の奏(読み)きっしょのそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉書の奏
きっしょのそう

吉書とは吉日に奏覧する文書をいい,吉書の奏とは平安時代,年始や改元などに弁官蔵人外記 (げき) から吉書を奏聞した儀式をいう。初めは朝廷の儀式であったが,のちには摂関家や鎌倉,室町幕府でも行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きっしょのそう【吉書の奏】

平安時代、朝廷で吉書を奏聞した儀式。年始は正月二日または三日に弁官・蔵人くろうどより奏し、政始は正月九日または代始め・改元後の吉日に大臣より奏した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きっしょ【吉書】 の 奏(そう)

平安以後、年始、代始などに吉書①を奏聞した儀式。弁官や蔵人から奏した歳首の奏と、大臣より奏した政始(まつりごとはじめ)の奏とがある。後には上皇、中宮、東宮御所や摂関家などにおいても行なわれ、鎌倉・室町幕府もこれにならって吉書始を行なった。
建武年中行事(1334‐38頃)正月「吉書の奏、九日にあるべけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる