コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉書始 きっしょはじめ

世界大百科事典 第2版の解説

きっしょはじめ【吉書始】

吉書とは,物事の改まったのち,吉日良辰を選んで奏聞する文書である。そして吉書を奏覧する儀式を朝廷では吉書奏といったが,武家でもこの儀にならって,将軍が吉書に判(花押)をすえる儀式を吉書始と称した。平安時代,朝廷の吉書奏は,年首,政始(まつりごとはじめ),移徙(いし),改元,代替などに際して,清涼殿に出御した天皇に対して,弁官,蔵人または外記から吉書を奉上する儀式であった。武家の吉書始は,公家の吉書奏を模倣したものであるが,両者の間には多少の違いがあり,また鎌倉・室町両幕府の吉書始の内容にもそれぞれ若干の差異が認められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吉書始の関連キーワード平盛綱大人姫始判始

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android