コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉書 キッショ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐しょ【吉書】

平安・鎌倉・室町時代に、改元・年始・譲位・代替わりなど、すべて事が改まったとき、初めて天皇に奉る政務上の文書。
武家で、年始・代始めなどのとき、初めて出す政務上の文書。
賦税を怠らないように農民に与える定書(さだめがき)
書き初め。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きっしょ【吉書】

吉日を選んで奏覧に供する文書。年始,政始(まつりごとはじめ),元服,改元,移徙(いし),任官,内覧始,着陣始,喪服解除など,事の改まったときに奏せられる。吉書の内容は,諸国年料米,諸神社の祭幣料,諸国不動倉などに関するものが多い。ただしその内容は,実質をともなわない儀礼的なものである。吉書を奏上する儀式を吉書奏といい,《建武年中行事》にその作法の詳細が見える。吉書の儀式は,院庁・中宮・東宮の御所・諸官衙・諸政所においても,また摂政・関白・大臣に任じた際などにも行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きっしょ【吉書】

年始・政始まつりごとはじめなどの物事の改まった時、奏覧に供する儀礼的な文書。また、その儀式。
江戸時代、役所から農民に賦税を怠らぬように下す令書。
吉書始め 」に同じ。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉書
きっしょ

物事の始めを祝う儀礼において用いられる文書。その様式は儀礼の種類別に特定されていた。朝廷では年始(としはじめ)・政始(まつりごとはじめ)・代始(だいはじめ)・改元などに天皇に吉書を奏聞する吉書奏を行い、それぞれ諸国年料米解文(しょこくねんりょうまいげぶみ)・諸社祭幣料奏文(しょしゃさいへいりょうそうぶみ)や諸国不動倉開勘解文(しょこくふどうそうかいかんげぶみ)等を吉書とした。院庁(いんのちょう)・中宮(ちゅうぐう)・東宮(とうぐう)・摂関家・公卿家(くぎょうけ)などでも年始・政所始(まんどころはじめ)・内覧始(ないらんはじめ)・着陣などの儀式ごとにそれぞれの吉書を用いた。また鎌倉・室町幕府でも吉書始と称される儀式が行われ、室町幕府は神事・農桑(のうそう)(勧農)・乃貢(のうぐ)(年貢)三か条の将軍袖判下文(そではんくだしぶみ)を吉書とした。吉書の儀礼は室町・戦国時代の社会に広く普及した。[河内祥輔]
『中野豈任著『祝儀・吉書・呪符』(1988・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉書の言及

【吉書始】より

吉書とは,物事の改まったのち,吉日良辰を選んで奏聞する文書である。そして吉書を奏覧する儀式を朝廷では吉書奏といったが,武家でもこの儀にならって,将軍が吉書に判(花押)をすえる儀式を吉書始と称した。…

※「吉書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉書の関連キーワード書き初め・書初め荘園整理令中江 丑吉英彦山神宮吉書始め中江丑吉ひめ始め豊臣秀勝中原仲業吉書の奏三毬打羽子板吉書始平盛綱左義長書初め定書令書判始大人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉書の関連情報