コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田隆子 よしだ たかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田隆子 よしだ-たかこ

1910-1956 昭和時代の作曲家。
明治43年2月12日生まれ。久保栄(さかえ)の妻。飯島正の妹。橋本国彦,菅原明朗に師事日本プロレタリア音楽家同盟(PM)に参加し,合唱曲「兵士を送る」などを作曲。PM解散後は「楽団創生」を設立した。新協劇団の「ファウスト」など劇音楽も作曲。昭和31年3月14日死去。46歳。東京出身。日本女子大付属高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉田隆子の言及

【プロレタリア音楽】より

…音楽家同盟は31年以降の日本プロレタリア文化連盟(略称〈コップ〉)の時代にも,その加盟団体として活動を続け,33年には日本プロレタリア音楽同盟と改称している。構成員としては,作曲家守田正義,露木次男,原太郎,吉田隆子,石井五郎らのほか,演奏家の関鑑子(あきこ),井上頼豊,福田上一らが加わり,合唱曲や歌曲の創作と労働者階級の音楽創造を目標にさまざまな活動を試みた。守田の《里子にやられたおけい》《小さな同志》,吉田隆子《鍬》《兵士を送る》,原太郎《芝浦》などの反戦歌,闘争歌などが生み出された。…

※「吉田隆子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田隆子の関連キーワード山田 一雄昭和時代食育

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android