コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本国彦 はしもとくにひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本国彦
はしもとくにひこ

[生]1904.9.14. 東京
[没]1949.5.6. 神奈川
作曲家,指揮者。 1923年東京音楽学校バイオリン科に入学,研究科では作曲を学んだ。卒業と同時に母校に奉職,34年ヨーロッパに留学。 E.クシェネックと A.シェーンベルクに師事して 37年帰国。その後は指揮と作曲に活躍した。歌曲『お菓子と娘』 (西条八十作詞) は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はしもと‐くにひこ【橋本国彦】

[1904~1949]作曲家。東京の生まれ。欧州へ留学し、シェーンベルクらに師事。日本の現代歌曲の道を開いた。作品に「お菓子と娘」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本国彦 はしもと-くにひこ

1904-1949 昭和時代の作曲家。
明治37年9月14日生まれ。バイオリンを専攻,のち作曲をまなぶ。昭和9年から欧米に留学,シェーンベルクらに師事。15年母校東京音楽学校(現東京芸大)の教授。歌曲にすぐれ,作品に「お菓子と娘」「斑猫(はんみょう)」などがある。昭和24年5月6日死去。46歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はしもとくにひこ【橋本国彦】

1904~1949) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校教授。はじめバイオリンを学び、のち作曲に転じた。特に、散文詩・自由詩による歌曲創作に独自の境地を開いた。作品「黴かび」「お菓子と娘」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本国彦
はしもとくにひこ
(1904―1949)

作曲家。東京生まれ。東京音楽学校本科および研究科でバイオリンと作曲を学び、1934年(昭和9)に渡欧。ハーバクルシェネック、シェーンベルクらに師事し、ドイツ現代音楽の動向に接すると同時に、近代フランス音楽の影響も受け、37年に帰国したのちは、モダニズムの作曲家として活躍した。作品には交響曲、協奏曲ピアノ曲などがあるが、とくに歌曲に優れ、深尾須磨子(すまこ)の『黴(かび)』『斑猫(はんみょう)』、西条八十(やそ)の『お菓子と娘』(いずれも1928)など散文的自由詩歌曲の創作によって、現代歌曲の新しいスタイルを打ち立てた。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の橋本国彦の言及

【歌曲】より

… 日本の場合,古典的な伝統芸術における〈歌い物〉は別として,近代的な意味での芸術歌曲を初めて作ったのは,ヨーロッパに留学してドイツ歌曲の芸術性にふれた滝廉太郎や山田耕筰であった。その後,フランス近代音楽の技法を採り入れた橋本国彦(1904‐49)や民族的な要素を強調する箕作秋吉(1895‐1971)など,多くの作曲家が歌曲を手がけて今日にいたっている。【服部 幸三】。…

※「橋本国彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橋本国彦の関連キーワード日露戦争史(年表)633美の里日露戦争ロシア革命ニゲルいの(町)吾北高知(市)解析変成作用熱雲

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋本国彦の関連情報