コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉阪隆正 よしざかたかまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉阪隆正
よしざかたかまさ

[生]1917.2.13. 東京
[没]1980.12.17. 東京
建築家。登山家としても知られる。 1940年早稲田大学理工学部卒業。同大学助教授を経て,50年第1回フランス政府給費留学生として渡仏,ル・コルビュジエのアトリエで学ぶ。 52年帰国。 59年から早稲田大学教授をつとめ,同時に設計事務所を設立。コンクリートによる造型で知られる。「有形学」と称する独自の形態学をもち,教育者としても多くのすぐれた人材を育てた。おもな作品はベネチア・ビエンナーレ日本館 (1955) ,東京のビラ・クックゥ (56) ,日仏会館 (60) ,アテネ・フランセ (62) ,大学セミナーハウス (65~71) など。著作『吉阪隆正集』 (17巻,84~86) 。ル・コルビュジエの著書を多数紹介した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

吉阪隆正【よしざかたかまさ】

建築家。東京生れ。日欧を往復して少年期を過ごす。1933年ジュネーブのエコール・アンテルナシオナル,1941年早大建築学科卒。1950年,戦後第1回のフランス政府給費留学生として渡仏し,ル・コルビュジエのアトリエに勤務。
→関連項目国立西洋美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉阪隆正 よしざか-たかまさ

1917-1980 昭和時代後期の建築家。
大正6年2月13日生まれ。吉阪俊蔵の子。フランスに留学してル=コルビュジエに師事。帰国後吉阪研究室(のちのU研究室)を創設,昭和34年早大教授,48年日本建築学会会長。作品にアテネ・フランセ,日仏会館などがある。35年早大のアラスカ-マッキンリー遠征隊の隊長もつとめた。昭和55年12月17日死去。63歳。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉阪隆正
よしざかたかまさ
(1917―1980)

建築家。東京生まれ。1941年(昭和16)早稲田(わせだ)大学建築学科卒業後、母校に残り50年助教授、59年教授となる。この間50~52年フランスに留学してル・コルビュジエに師事、帰国後54年に吉阪研究室(後のU研究室)を開設して設計活動に入る。既成にとらわれぬ大胆な造形に特色があり、おもな作品に自邸(1954)、ベネチア・ビエンナーレ日本館(1958)、アテネ・フランセ校舎(1961)、八王子の大学セミナー・ハウス(1965)がある。[天田起雄]
『『吉阪隆正集』全17巻(1983~86・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉阪隆正の関連キーワードニーマイヤー吉阪 隆正象設計集団人工土地富田玲子住居

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉阪隆正の関連情報