コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉阪隆正 よしざかたかまさ

4件 の用語解説(吉阪隆正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉阪隆正
よしざかたかまさ

[生]1917.2.13. 東京
[没]1980.12.17. 東京
建築家。登山家としても知られる。 1940年早稲田大学理工学部卒業。同大学助教授を経て,50年第1回フランス政府給費留学生として渡仏,ル・コルビュジエアトリエで学ぶ。 52年帰国。 59年から早稲田大学教授をつとめ,同時に設計事務所を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉阪隆正【よしざかたかまさ】

建築家。東京生れ。日欧を往復して少年期を過ごす。1933年ジュネーブのエコール・アンテルナシオナル,1941年早大建築学科卒。1950年,戦後第1回のフランス政府給費留学生として渡仏し,ル・コルビュジエのアトリエに勤務。
→関連項目国立西洋美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉阪隆正 よしざか-たかまさ

1917-1980 昭和時代後期の建築家。
大正6年2月13日生まれ。吉阪俊蔵の子。フランスに留学してル=コルビュジエに師事。帰国後吉阪研究室(のちのU研究室)を創設,昭和34年早大教授,48年日本建築学会会長。作品にアテネ・フランセ,日仏会館などがある。35年早大のアラスカ-マッキンリー遠征隊の隊長もつとめた。昭和55年12月17日死去。63歳。東京出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉阪隆正
よしざかたかまさ
(1917―1980)

建築家。東京生まれ。1941年(昭和16)早稲田(わせだ)大学建築学科卒業後、母校に残り50年助教授、59年教授となる。この間50~52年フランスに留学してル・コルビュジエに師事、帰国後54年に吉阪研究室(後のU研究室)を開設して設計活動に入る。既成にとらわれぬ大胆な造形に特色があり、おもな作品に自邸(1954)、ベネチア・ビエンナーレ日本館(1958)、アテネ・フランセ校舎(1961)、八王子の大学セミナー・ハウス(1965)がある。[天田起雄]
『『吉阪隆正集』全17巻(1983~86・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉阪隆正の関連キーワード池辺陽毛綱毅曠石井和紘伊藤滋金城信吉中村鎮長谷部鋭吉前田健二郎増沢洵安井武雄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉阪隆正の関連情報