コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名寄本線 ナヨロホンセン

2件 の用語解説(名寄本線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なよろ‐ほんせん【名寄本線】

名寄から東へ興部(おこっぺ)を経てオホーツク海に沿い、中湧別(なかゆうべつ)から南へ遠軽(えんがる)まで走ったJR線。現在廃線。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名寄本線
なよろほんせん

北海道旅客鉄道の線路名称。1989年(平成1)廃止。旧名寄本線北海道、名寄―中湧別(なかゆうべつ)―遠軽(えんがる)間138.1キロメートル、中湧別―湧別4.9キロメートル、全線単線、非電化。名寄で宗谷本線より分岐し、東進して北見山地を横断、オホーツク海岸を走り、湧別川中流の遠軽で石北(せきほく)本線と接続した。沿線に紋別市などがあった。遠軽―中湧別―湧別間は湧別軽便線の一部として1915~1916年(大正4~5)開業(1922年以降は湧別線)、名寄―中湧別間は名寄東線・西線の名称で1919~1921年(大正8~10)にそれぞれ開業、全通とともに名寄線とした。1923年(大正12)名寄本線となり、1932年(昭和7)に湧別線遠軽―湧別間を編入した。本線を称するが長大なローカル線で輸送量も少なく、1985年(昭和60)特定地方交通線に選定承認され、1989年バスに転換された。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名寄本線の関連キーワードおこっぺ興部町営スキー場にしおこっぺ花夢北海道紋別郡西興部村奥興部北海道紋別郡興部町興部北海道紋別郡興部町北海道紋別郡西興部村上興部北海道紋別郡西興部村中興部北海道紋別郡西興部村西興部北海道紋別郡西興部村

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone