コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名所記 めいしょき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名所記
めいしょき

江戸時代前期の地誌,名所旧跡案内記のなかで文芸的色彩の濃い書の総称。仮名草子の『竹斎』などが名所記の先駆的作品であるが,実用的記述,すなわち名所旧跡の由来,道中の行程などが欠けており,名所記とはいえない。中川喜雲の仮名草子『京童 (わらべ) 』 (1658) が名所記の最初で,以後,山本泰順の『洛陽名所集』 (58) ,浅井了意の『東海道名所記』などが刊行された。名所記が後世に及ぼした影響は大きく,秋里籬島の『都名所図会』 (1780) 以下の名所図会類はその代表的な例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいしょ‐き【名所記】

江戸初期に流行した名所案内記。また、それに類した作品群。「竹斎」「東海道名所記」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいしょき【名所記】

江戸前期に刊行された名所案内記。挿絵を伴うことが多く、のち名所図会に引き継がれる。中川喜雲「京童」、山本泰順「洛陽名所集」などに始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名所記の関連キーワード為做せ振り蟒蛇・蠎蛇えじかり股江戸名所記植田下省がんがり息だうし一騎討ち銭を買う目もなく下の十日軒を軋る垣破り逃げ尻突付け煮売り志手石出来物競ひ馬熊坂心

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名所記の関連情報