コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射的 しゃてき

6件 の用語解説(射的の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射的
しゃてき

コルクを弾丸にして発射する空気銃またはスプリング式銃で的を射る遊戯。座敷鉄砲ともいわれる。室内射的用の銃は,普通後者が用いられる。的との距離は約 3mで,コルク弾が命中すると的の止め具がはずれて,分銅式に景品の玩具や人形が降りてくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐てき【射的】

的に向かって銃・弓などを発射すること。
空気銃にコルクの弾丸をつめ、人形・おもちゃタバコなどを的にして撃つ遊び。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

射的【しゃてき】

一種の空気銃でコルク玉を発射し,標的に命中させる遊び。江戸時代吹矢楊弓(ようきゅう)などが変化したもので,明治の初期に始まった。当初は座敷鉄砲と呼ばれ,的中させることが興味の対象であったが,大正期になってタバコ箱や人形を薄紙でつり下げ,紙を撃って切り落とすと,それが景品になる仕組になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃてき【射的】

蛇腹じかけの一種の空気銃で,コルクの玉を筒先につめてうち,標的に命中させる遊び。古く〈座敷鉄砲〉ともいった。江戸時代に行われていた吹矢(ふきや),楊弓(ようきゆう)などの遊びが,明治時代になって〈玉ころがし〉からさらに転化して射的になり,人の集まる盛場などにそれらの店が軒を並べるようになった。《武江年表》の1874年以後に行われた記録のなかに〈射撃銃の戯はじまる〉とあり,77年4月発行の《かなよみ新聞》には〈諸所の楊弓場では座敷鉄砲という業をはじめ,向うに富士の巻狩忠臣蔵五段目などの操(あやつり)人形を釣り下げ的をすえてドンドンとやらかします。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃてき【射的】

まとを置いて銃や弓で撃つこと。
コルクの弾の出る銃でまとをねらって撃ち、撃ち落としたら賞品をもらえる遊び。 「 -屋」 「 -場」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

射的
しゃてき

射的用につくられた蛇腹(じゃばら)式の空気銃にコルクの玉を詰めて、約3メートル離れた的を撃ち、命中すれば景品がもらえる仕組みの室内遊戯。古く室町時代に中国から伝えられ江戸時代から明治時代まで流行した楊弓(ようきゅう)や、江戸時代の吹き矢などと同じ系統の遊びで、これらの遊び場であった矢場(やば)が廃れ始めた明治の終わりころから流行し始め「お座敷鉄砲」ともよばれた。明治のころは大小の芝居の人形や玩具(がんぐ)などをつるして的にし、命中すれば留め金が外れて人形や玩具が下がってくる仕掛けになっていた。大正時代になると、たばこを薄い紙でつるしたり台の上に積み重ねたりして、撃ち落としたものを景品とするようになった。その後いろいろな品物を自動的に回転する台の上に並べたものや、的が起伏または出没するものなどができ、景品も、大正時代までは的と景品とが同じ物であったが、命中すると特別な賞品を出すようになるなど、昭和の初めころまで大衆娯楽として流行していた。第二次世界大戦後は娯楽の多様化につれて廃れ、現在は盛り場や海水浴場、温泉などの保養地、縁日や祭礼などでみかける程度になった。射的に類似した遊びで、光線銃を使用して、移動する映像を的として撃つ遊びが流行したが、その後パソコンなどのコンピュータを利用して行うシューティング・ゲームが登場している。[倉茂貞助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

射的の関連情報