コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉澄 ごちょう Wu Cheng

3件 の用語解説(呉澄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉澄
ごちょう
Wu Cheng

[生]淳祐9(1249)
[没]元統1(1333)
中国,元の学者。江西省崇仁県の人。字は幼清。草廬先生と称される。講官に任じられ,『英宗実録』の編修に参与して,善大夫の名を賜わった。朱子学を基調とし,これと陸象山の学問とを調和させようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごちょう【呉澄 Wú Chéng】

1249‐1333
中国,元代の思想家。字は幼清,号は草廬。草廬先生と呼ばれる。江西省崇仁の人。彼は豊かな学殖のゆえに,程文海(1249‐1318)の知遇を得て異例の抜擢をうけ,官界・学術界に重きをなし,許衡(きよこう)と並んで元の二大儒と称された。朱子学を基調としながらも,それが固陋に陥るのを考慮して陸象山の心学を導入して部分修正を試み,ために朱陸折衷論の先駆と評された。また異民族王朝に仕えた彼はてきびしい評価をうける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉澄
ごちょう
(1249―1333)

中国、元(げん)代の思想家。字(あざな)は幼清(ようせい)、号は草廬(そうろ)。江西省崇仁県の人。豊かな学殖のために元朝の名臣程文海(ていぶんかい)(1249―1318)の知遇を得て特別の抜擢(ばってき)を受け、学界、官界で重きをなした。思想的には朱子学を中核に据えながらも、それが固陋(ころう)に陥るのを避けるために、陸象山(りくしょうざん)(九淵)の心学を導入して活性化を図った。のち、朱陸論が盛んになると、朱陸折衷論の先駆者と評価された。経書研究にも優れ、元代の名著とされる『五経纂言(さんげん)』を著し、清代考証学の先駆をなした。また異民族王朝に仕えたために、その出処進退はとかく手厳しい評価を受けた。田公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉澄の関連キーワード王艮王守仁王廷相韓非銭徳洪兼愛思想家曽参老莱子野村浩一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone