コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉茂一 くれしげいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉茂一
くれしげいち

[生]1897.12.6. 東京
[没]1977.12.28. 藤沢
西洋古典文学者。呉秀三の長男。 1925年東京大学英文科卒業。 26~28年イギリスとオーストリアに留学,古典学を学んだ。第一高等学校教授を経て,49年東大文学部教授。 63~66年ローマの日本文化会館初代館長をつとめた。ギリシアラテン文学に関する造詣が深く,神話の構造を分析した『ギリシア神話』 (1969) をはじめ,『イーリアス』 (53~58) ,『ギリシャ抒情詩選』 (59) ,『オデュッセイアー』 (71~72) など訳著も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くれ‐しげいち【呉茂一】

[1897~1977]西洋古典文学者。東京の生まれ。秀三の長男。東大・名古屋大教授。ギリシャ神話の研究に力を注ぎ、邦訳多数。「イリアス」の翻訳で読売文学賞、ギリシャ叙情詩の訳詩集「花冠」で日本翻訳文化賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉茂一 くれ-しげいち

1897-1977 昭和時代の西洋古典文学者。
明治30年12月6日生まれ。秀三の長男。ヨーロッパでギリシャ・ラテン文学をまなぶ。昭和24年東大教授。33年名大教授。38年在ローマ日本文化会館館長。ギリシャ神話の研究と翻訳につとめ,34年「イーリアス」の翻訳で読売文学賞,48年「花冠―呉茂一訳詩集」で日本翻訳文化賞。昭和52年12月28日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くれしげいち【呉茂一】

1897~1977) 西洋古典学者。秀三の長男。東京生まれ。東大教授。「ギリシャ抒情詩選」「イーリアス」「オデュッセイア」をはじめとするギリシャ・ラテン文学の作品を数多く翻訳。「ギリシャ神話」、訳詩集「花冠」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉茂一
くれしげいち
(1897―1977)

西洋古典学者。東京生まれ。東京帝国大学英文科卒業。日本の精神病学を確立した呉秀三の長男。イギリス、オーストリアに留学後、旧制第一高等学校教授となる。ギリシア、ラテン文学に造詣(ぞうけい)が深く、とくにギリシア神話の体系的研究と啓蒙(けいもう)に力を注いだ。『イーリアス』(1953~58)、『オデュッセイア』(1971~72)のほか、ギリシア悲劇・喜劇をはじめ、叙情詩の翻訳多数。著書に、名訳とうたわれた『花冠』(1973)、随想集『アクロポリスの丘に立って』(1976)など。なお1963年から4年間、ローマの日本文化会館館長を務めた。[岩崎武夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の呉茂一の言及

【呉秀三】より

…日本の近代精神医学の基礎を築いた人。江戸に生まれる。父は呉黄石(浅野藩医),母はせき(洋学者箕作阮甫(みつくりげんぽ)の長女)。1890年に東京大学医科大学卒業。その後,精神病学を榊俶のもとで学び,97年に渡欧し,ウィーン,ハイデルベルク,パリなどに留学した。4年間の留学の後半は,E.クレペリンのもとで学び,その精神病分類の体系を日本に導入した。1901‐25年の間,東京帝国大学医科大学教授として精神病学講座を担当し,1903年には三浦謹之助とともに日本神経学会を創立した。…

※「呉茂一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉茂一の関連キーワードシャピロ(Karl Jay Shapiro)アンティゴネ(ソフォクレスの悲劇)メデイア(エウリピデスの悲劇)縛られたプロメテウストマス・ア・ケンピスキリストに倣いてダフニスとクロエパラティン詞華集プロペルティウスアイスキロスアルキロコス12月20日メナンドロスソフォクレスオレステイアアルカイオスアプレイウス田中美知太郎アナクレオンローマ美術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android